三菱RVRの全性能12!コンパクトSUV三菱RVRの持つ性能を解説

三菱RVRは、多くの人に愛されているSUV車です。男女問わず人気が高いSUV車の一つで、その人気の秘密はコンパクトSUVの先駆けとなった車こそ三菱RVRだからです。三菱RVRについて詳しく知っていき、その魅力に迫っていきましょう。

三菱RVRとは

三菱RVRは、2010年にトールワゴン型からコンパクトSUVへとシフトチェンジし、コンパクトSUV車の先駆けとなった車です。コンパクトSUVにシフトチェンジしたため、女性でも運転しやすく、より身近なSUVの先駆けとなった車といえます。

例えば、SUV車ならではの見通しの良さや、コンパクトならではの小回り、更に燃費の向上もされて、乗りやすく運転しやすいSUV車として三菱RVRはシフトチェンジしました。

定期的に進化しているSUVの主力三菱RVR

三菱のSUV車の中でも、RVRは定期的に進化をし主力となっています。三菱RVRは、運転性能の工場は勿論、外装や運転のし易さ、内装インテリアの充実など、様々な面で定期的に進化しているため、SUVの主力三菱RVRといえます。

例えば、安全性の向上や燃費の向上、外観デザインもスマートに変更され都会に映えるデザインとなり、車としての性能は勿論ですがデザイン性も三菱ならではのこだわりを持っています。

三菱RVRの走行性能5つ

三菱RVRの走行性能を5つ紹介していきます。三菱RVRの魅力は、走行性能にもあるのでそれを主に5つに分類し紹介していきます。

走行性能や三菱RVRの魅力的な部分を多く知ることで、RVRがどのような車なのかを理解する事ができます。

走行性能1:MIVECエンジン

三菱が開発したMIVECエンジンをRVRに搭載させる事で、力強い走りを実現しながら燃費も向上させる事ができました。MIVECエンジンは、吸気バルブリフトを連続的に変化させ、吸気抵抗を抑制することで、吸引時のエネルギーロスを抑えて燃費向上に繋がりました。

SUVにより強い走りと、より良い燃費も考えている場合は、三菱RVRが適正といえるでしょう。スポーティーな走りにも向いたRVRでもあります。

走行性能2:INVECS-Ⅲ6速スポーツモードCVT

マニュアルの走りを楽しみたい運転が好きな方へ、三菱RVRはINVECS-Ⅲ6速スポーツモードCVTを用意しました。勿論、スポーツモードでも高い燃費を実現し、パドルシフトで6速マニュアルの感覚を楽しむ事ができます。

また、停車時にもマニュアルモードは解除されないので、例えばマニュアルを継続して楽しみたい場合やタイミングによってマニュアルモードを解除したい場合にはコントロールする事ができます。

走行性能3:安定走破性や直進安定性を実現

三菱RVRは、安定した安定走破性と優れた直進安定性を実現したコンパクトSUV車です。SUV車だからこその走行の安定を高めた設計になっているため、運転でのストレスを軽減させる事が実現しました。

例えば、荒れた路面の走行を行う際にも高い走破性を持っているので安心して運転をする事ができ、優れた直進性があるため真っ直ぐに走る事ができるため、ハンドルの安定性も高くなっています。

走行性能4:3つのドライブモード

3つのドライブモードを設定している三菱RVRは、状況に応じた走りができるコンパクトSUV車といえます。燃費の良い2WDモードと二つの4WDモードで、様々な路面の状況や環境に適した走りをデジタルで管理する事が実現しました。

例えば、雪道やオフロードのような環境を走る際や、急勾配な坂道を走る際にも三菱RVRはその力を発揮する事ができます。なので、より安全な車としてもRVRは紹介ができます。

走行性能5:クルーズコントロール

クルーズコントロールを搭載する事で、高速道路などの走行をアクセルを離した状態で維持する事ができます。速度を40~100kmに設定する事ができ、運転の負担を減らす事ができます。

例えば、高速道路での長距離移動や国道バイパスなどでの走行でも、クルーズコントロールを使用する事で疲労感を少なくし、運転手の疲労によるスキル低下を防ぐことに役立てる事ができます。

三菱RVRの安全性能5つ

三菱RVRは、運転性能のみならず安全性能も高い能力を持っているので主な5つを紹介します。三菱RVRの持つ高い安全性能が、乗車している人の安全を確保し、誰もが安心して運転できるようにサポートしてくれます。

例えば、運転手には勿論同乗者にも配慮された安心システムがあるため、快適なドライブを楽しむ事ができます。

安全性能1:衝突被害軽減ブレーキシステム

三菱RVRに搭載されている衝突被害軽減ブレーキは、乗車している人たちは勿論、前を走行している車の安全も配慮されたシステムになっています。衝突の危険がある場合に、警告アラームとブレーキにて運転手に危険を伝えます。

例えば、衝突しそうになった対象が車の場合と歩行者の場合、作動する速度が異なるため衝突する対象に適した距離に対しての警告が作動します。そのため、事故を未然に防ぐ事ができます。

安全性能2:誤発進抑制機能(前進時)

誤発進抑制機能を三菱RVRに搭載する事で、誤ったペダル操作にも対応し大きな事故を防ぐことも可能にしています。レーザーレーダーにより、前方の障害物を感知し、アクセル操作にミスがあった場合に警告アラームを表示にて注意を促します。

また、エンジン機能を抑制することで発進を緩やかにし、衝突による衝撃を低減する事ができます。このシステムによって、初心者の方や年配の方にも安心してRVRを運転する事ができます。

安全性能3:車線逸脱警報システム

三菱RVRを運転中に車線からはみ出しそうになった場合、車線逸脱警報システムによって蛇行運転などの注意を運転手に呼びかける事が可能になりました。

三菱RVRには、フロントカメラが搭載されているので、カメラから車線を感知し車線からはみ出す運転をした場合に注意を促す警告をする事ができます。このシステムが搭載される事で、隣車線の車の安全を守るほか、居眠り運転などの危険運転への警告がRVRで行う事ができます。

安全性能4:後側方車両検知警報システム

後側車両検知警報システムにより、三菱RVRをより安全に迷惑にならない運転を促すことを可能にしました。斜め後ろの車両を感知することにより、車線変更などの際に事故が起きないように警報を出すことで、安全な運転を行う事ができます。

例えば、ドアミラーの確認を怠ってしまった場合でも警報によって後ろの車両に危険がないような運転をドライバーに伝える事ができます。

安全性能5:後退時車両検知警報システム

交代寺社領検知警報システムによって、バック走行時にドライバーの死角になりやすい部分も三菱RVRはサポートしてくれます。バック走行は、死角が多くなってしまいますが、その死角からの車両などを感知する事でより安全なバック走行を行う事ができます。

例えば、この機能に頼りきってしまうと事故につながってしまうこともあるので、三菱RVRの機能だけに頼らず目視で安全を確認する事が大切です。

三菱RVRの環境性能2つ

三菱RVRは、環境への影響も配慮した環境性能も備えられているので、その主な2つを紹介します。自動車の社会において、環境性能は法律で定められるほど高い基準を求められています。その基準をクリアし、環境への配慮を三菱RVRは行なっています。

例えば、地球環境に優しい性能などを搭載する事で、RVRが環境に優しい車としても紹介できるといえます。

環境性能1:MIVECの環境性能

MIVECの環境性能は、低排出ガス車として排出ガスを抑える事ができ、三菱独自のエンジン開発により低燃費も実現する事ができました。

MIVECが搭載されている三菱RVRは、モード選択によって低燃費を実現する事が可能になり、最大15.7km最低でも9.9kmの燃費を可能にしています。環境にもお財布にも優しいコンパクトSUV車として、RVRは優秀な車といえます。

環境性能2:エコサポート

MIVECにアイドリングストップ機能を備えた三菱RVRは、環境に優しいエコロジーな車といえます。低燃費のMIVECとアイドリングストップ機能を組み合わせる事で、排出ガスを抑えることもでき、渋滞などでの停車時に無駄な燃料消費を抑える事ができます。

また、アイドリングストップによって排出ガスも減らす事ができるため、エコでスマートな走りができる車としてRVRは紹介する事ができます。

三菱RVRのグレード2つ

三菱RVRのグレードを2つ紹介します。三菱RVRには2つのグレードがあり、簡単に特徴を説明しますとGの方が性能が高く、Mの方が価格がGよりも安くなっています。

勿論、2つのグレードとも三菱RVRの魅力を備えているので、どのような違いがあるのか特徴を見ていきましょう。特徴を知る事で、自分に適したグレードを選ぶ事ができます。

G

Gは、グレードの高い三菱RVRになっています。特徴として、クルーズコントロールが搭載されていて、フルオートエアコンに本革巻のステアリングとシフトノブになっていて、インテリア的にもより快適なドライブをサポートする仕様になっています。

例えば、長距離を運転する機会がある場合、クルーズコントロールが搭載されているこのグレードのRVRがおすすめです。インテリアにこだわりがある方にもおすすめといえます。

M

Mは、コストを抑えた三菱RVRになります。特徴として、セーフティシステムはG同様フル装備されていますが、エアコンはマニュアルエアコン、ステアリングなどはウレタンになっています。

例えば、三菱RVRの購入を検討している際に価格を少しでも抑えたい方にはMがおすすめです。安全性能は変わりないので、このグレードでも安心してドライブを楽しむ事ができます。

三菱RVRの燃費比較

三菱RVRの燃費を2WDと4WDで比較してみました。2WDの方が燃費が良いのは勿論ですが、どのぐらいの燃費なのかを記載したので、是非2WDと4WDでどの程度違うのか確認してみてください。

また、例えば4WDでもどのぐらいの燃費になるのかを知る事で、寒冷地や山岳地などで三菱RVRを利用する方も参考にできるので、是非燃費について知っていきましょう。

2WD

三菱RVRの2WDでの燃費は、国土交通省審査値で15km/Lになっています。街乗りでは、10km/Lとなっているので2WDでは、燃費が10km/Lが平均的といえるでしょう。

例えば、高速道路などの停車が少なく一定の回転数で走行できる場合、燃費は良くなりますが、運転の仕方によって燃費の数値も変わってくるので参考の数値という事で見る事が大切です。

4WD

4WDでは、国土交通省審査値で14.4km/Lとなっています。2WDと比べると多少少ないですが、街乗りでは9.9km/Lと10km/Lには届かない数値になっています。

しかし、例えば走り方によっては燃費の数値も変わるので4WDでも燃費を良くする事ができます。三菱RVRは、高い燃費があり、デジタル走行モード選択で2WDモードにもできるので、燃費を良くすることもできます。

進化し続ける三菱RVRの購入を検討しよう

三菱RVRは、運転性能を向上するために進化し続けているコンパクトSUV車です。安全性にも優れ、運転機能も充実しているため、幅広い世代の方におすすめな車といえます。

例えば、SUV車が欲しくて迷っている方や、燃費の良くて運転しやすい車を探している方は三菱RVRを検討することをおすすめします。より快適なドライブをする事ができるでしょう。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?