BMW Z4 中古でも人気を集める生粋の走り

BMW Z4画像

BMW Z4の特徴

BMW Z4画像

引用元:https://www.autoblog.com/buy/2016-BMW-Z4-sDrive28i__2dr_Rear_wheel_Drive_Roadster/

BMW Z4の特徴 惚れ惚れするほどのフロントフェイス

BMW Z4は、先代から精悍さを増して生まれ変わりました。
細部までこだわった優麗なボディラインは、ひと目で軽快さや俊敏さを見るものに感じさせます。また研ぎ澄まされた眼差しを持つフロントフェイスは、見ているだけで惚れ惚れしてしまうほどクールです。
これぞスポーツモデルだと強調するようなデザインに加えて、キドニーグリルとエンブレムがオーナーの心をくすぐる、エレガントなエクスステリアが魅力です。

BMW Z4の特徴 スポーティーなインテリア

BMWらしさをふんだんに散りばめたインテリアもワクワクさせてくれます。
全体的にクラシカルなレイアウトに仕上げられていますが、センターコンソールにはメーター風エア・コンディショナーボリュームなどのスイッチ類をレイアウトしており、遊び心も感じさせます。また張り巡らされた高品質素材は、モダンで心地よい肌触りを堪能できるので、最高のドライブタイムを予感させます。またフレキシブルなラゲッジスペースにはゴルフバッグ1つ分を積載できます。

BMW Z4の特徴 リニアなレスポンスが駆け抜ける歓びを与えてくれる

直列4気筒・直列6気筒DOHCガソリンエンジンは、最大出力184ps~306ps、最大トルク4500rpm~5000rpmを実現、実に滑らかでスムーズな加速性能を体感できます。BMWらしくコーナーでのロールも少なく、ステアリングを切るとレスポンス良く向きを変えるので、駆け抜ける歓びを体感できます。
電子制御されたパワーステアリングがコーナリングをサポート、ブレーキ回生エネルギーはバッテリーに蓄えるなど、生粋の走りを追求しました。

 

BMW Z4の歴代モデル

BMW Z4画像

引用元:https://www.edmunds.com/bmw/z4/2003/

BMW Z4の歴代モデル 2003年モデル(初代)

2003年に発表された初代モデルは、Z3のフロントフェイスを継承しました。パワーユニットに直列6気筒DOHCエンジンを搭載した3.0i、 2.5i、2.2iグレードに加えて、2005年には直列4気筒DOHCエンジンを搭載した2.0iグレードも誕生しています。
2006年からは2009年のマイナーチェンジモデルからオープンシーターのロードスターモデルが登場、M、3.0si、3.0i、2.5i、2.5siのグレードのいずれもが直列6気筒DOHCエンジンを採用するなど、スポーティーな走りにこだわりました。
マイナーチェンジ後はソフトトップが電動式になり、一部グレードにはスポーツパドルが採用されています。

BMW Z4の歴代モデル 2009年モデル

BMW Z4画像

引用元:http://www.carmagazine.co.uk/car-reviews/bmw/bmw-z4-sdrive-23i-2009-review/

2009年のフルモデルチェンジでは、より鋭い眼差しのフロントフェイスに仕上げられるなど、表情が精悍になりました。またリトラクタブル式ルーフを全モデルに採用によりソフトトップのチープな印象もなくなり、BMWらしい高級感を漂わせています。
2009年から2011年まではsDrive23iのみ、2011年からはsDrive20i、sDrive35i、sDrive35isグレードが発売されており、直列4気筒・直列6気筒DOHCエンジン、8速スポーツAT・7速DCTのトランスミッションを搭載、最大出力は184ps~340ps、最大トルクは5000rp~5900romを発揮します。

 

中古車価格について

BMW Z4画像

引用元:https://www.edmunds.com/bmw/z4/2006/

BMW Z4の歴代モデル 初代モデル

もっと手頃なのが初代モデルBMW Z4の中古車です。整備や保証の有無、走行距離などによって価格帯も違ってきますが、相場は70万円~200万円ほどとなっており手頃です。また最も充実している価格帯は100万円~160万円になっており、当時販売されていた各グレードを見つけられます。
ロードスターモデルの場合は、ソフトトップを電動化した2006年モデル以降が人気を集める傾向です。

BMW Z4の歴代モデル 2009年モデル

BMW Z4画像

引用元:https://www.caranddriver.com/news/2009-bmw-z4-roadster-official-photos-and-info

2009年~2011年まで販売されたsDrive23iモデルの中古は、220万円前後~300万円ほどまでそろっています。リトラクタブル式ルーフを採用したモデルであり、パワフルな直列6気筒DOHCエンジン、6速スポーツATによるパワフルな走行性能が評価されています。
2011年以降の中古車は、200万円~490万円ほどです。車検保証や整備保証状態、走行距離や純正オプションの有無により違ってきますが、最新モデルであるため他のグレードよりも全体的に高い傾向です。

 

2011年sDrive20iモデルがおすすめ!

BMW Z4画像

引用元:https://www.topspeed.com/cars/bmw/2011-bmw-z4-sdrive20i-and-sdrive28i-ar118698.html

パワーユニットが直列4気筒DOHCエンジンなので、2011年モデルの他のグレート比較するとパワフルさに欠ける印象を持ちますが、車両総重量1610lkgと最も軽量であるため、スポーティーな走りと楽しめます。
シートに抑えるような迫力ある加速性能はありませんが、低回転域から高回転域まで一切のストレスを感じさず、8速スポーツATのレスポンスが良いので、風をきるように駆け抜けてくれます。

おすすめモデルの維持費

■年単位でかかる費用
・自動車税:5万1000円+1万6400円(自動車重量税)
・車検代:3万円~17万円

■毎月かかる費用
・ガソリン代(1年1万km、レギュラー120円、ハイオク130円):レギュラー年間8万9100円(月額7425円)、ハイオク年間9万6525円(月額8043円)
・駐車場代:1万円
・任意保険代:5万1670円~5万6410円

sDrive20iモデルについていてほしいオプション3選

オススメオプション 盗難防止用ホイールクロックセット(9245円・税込み)

見惚れてしまうフロントフェイスとスポーティなスタイルが人気のsDrive20iは、窃盗の対象にもなりやすいモデルです。ホイールクロックセットなら万が一の車両窃盗からもしっかりと守ります。
盗難防止用ボルトは、特殊な形状をしており、専用アダプターでなければホイールを外せません。大切な愛車だからこそ、セキュリティ対策に力を入れましょう。

オススメオプション 燃費を上げるリアディフューザー(5万2488円・税込み)

BMW Z4画像

引用元:http://minkara.carview.co.jp/userid/152574/car/2122590/8119297/parts.aspx

走る喜びを感じながら燃費も高められるのが、リアディフューザーです。車両下に入り込んだ空気を拡散し、リアタイヤ付近にダウンフォースを作ることで路面に車両が張り付くような走りを体感できるので、走りにこだわるスポーティーなモデルにふさわしいです。
この他にもカーボンフロントスプリッター(5万5728円・税込み)、オープンシータースタイルで威力を発揮するウィンドディフェレクター(6万4152円・税込み)もクールなスタイルと同時にCD値改善を目指せます。

まとめ

より精悍なスタイルに生まれ変わったBMW Z4は、Z3の疾走するスポーティなスタイルを見事に継承し、駆け抜ける歓びを体験させてくれます。
クーペスタイルでは、プライベート空間とエンジン鼓動を体に感じながら、ワインディングロードや街を駆け抜けられます。また、ボタン一つでオープンシーターへと変化させると心地よい風を感じられます。
BMW Z4の躍動するスポーティーな走りが、いつもの1日にワクワク感を与えてくれます。

 


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら
BMW Z4画像