イタリアを掌握している?フィアットってどんなメーカー?

海外メーカーの中でもコンパクトな車が多く、日本でもよく見かけることのあるフィアット。イタリアのメーカーらしいおしゃれなデザインの内外装が魅力です。フィアットは世界の中でも屈指の大企業であるため、かなり長い歴史を誇っています。フィアットという企業をより詳しく知ることで車をさらに好きになることもあるでしょう。そこで今回は、そんなフィアットの歴史と名車を振り返って見ていきます。

フィアットの歴史

フィアットの設立

フィアットの設立は古く、1899年に数人の実業家の出資によってトリノで創業が開始されました。創業した当初はイタリアが第一次世界大戦中だったため、軍に向けて飛行機や自動車などを提供していました。それは第一次世界対戦が終戦した後の第二次世界対戦でも変わりませんでしたが、第二次世界大戦で敗戦したイタリアは経済的な大打撃を受けてしまいます。当然フィアットもその影響を免れず、一時期は大きな損害を被りましたが、イタリア全体が「イタリアの奇跡」と呼ばれる急速な経済成長を遂げたため、フィアットの経営もすぐに復活をしました。

アニェッリ一族の経営

フィアットの歴史を語る上で欠かせないのがアニェッリ一族。アニェッリ一族とは多数の実業家を排出するイタリアの名門財閥一族で、フィアットの設立にもこのアニェッリ一族が出資しています。その後の経営も基本的にはアニェッリ一族が先頭に立って行なっています。アニイェッリ一族の経営の特徴として、自動車に限らず積極的に会社の買収を行うということが挙げられます。1986年には、アウトビランキ、フェラーリ、アバルト、ランチア、アルファロメオを傘下に納め事実上イタリアの自動車業界を独占するまでになります。その後も買収の手を緩めることなく、マスコミや電装品などのメーカーも買収をしていき、最終的には「フランスはルノーを持っているが、フィアットはイタリアを持っている」と称されるまでになっていきます。そして現在は、クライスラーと共に「フィアット・クライスラー・オートモビルズ」を設立し、その規模はトヨタやルノー、フォルクスワーゲンなどの世界有数の規模誇るグループと肩を並べるまでになっています。

フィアットの生み出した名車

フィアット・パンダ

フィアット パンダ 初代

その名の通り動物のパンダから名前がつけられたフィアット パンダ。初代は1980年から2003年までのおよそ20年間大きな変更なく販売され続けました。爆発的な人気というわけではありませんでしたが、20年という間根強い人気によって支えられてきた一台です。そして、2代目のパンダでは「ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞し、当時経営に行き詰まっていたフィアットを立て直しました。

フィアット500

FIAT500 二代目

今日本でも、もっとも見かける機会の多いイタリア車と言っても過言ではないでしょう。初代は1936年から1955年まで生産され、小柄なサイズと取り回しのしやすさで多くの人に愛される国民車となりました。そして二代目では、丸みを帯びた愛らしいデザインとコンパクトなエンジンで熱狂的な支持を獲得し、1977年に生産終了した後も日本含め世界中で修理して乗り続けられているまさに自動車史に残る名車です。日本ではこの二代目にルパン三世が乗っていたことでも有名ですね。新型になった現在も多くの人に愛される車です。

フィアット・バルケッタ

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら