設立者が会社追放。アウディってどんな自動車メーカー?

日本でもBMW、メルセデスベンツと共に三大高級自動車メーカーの一つに数えられるドイツのアウディ。メーカーにはここまで歩んできた様々な歴史がありアウディにも紆余曲折がありました。アウディをより深く知ることで、興味をもったり、車をさらに好きになることもあるでしょう。そこで今回は、アウディという企業についてその歴史や名車を詳しく紹介していきます。

アウディの歴史

アウディの設立

アウディの創設者はアウグスト・ホルヒという人物でもともとはベンツの自動車学校で技術を学んでいました。その後、ベンツから独立し1900年に自分の会社ホルヒを設立します。ホルヒは高級志向の自動車メーカーで、レースにも積極的に参戦していました。設立者であるアウグスト・ホルヒはその中で新車開発を担当していましたが、高級志向で良質な車を追い求めるあまり経営陣と衝突し、しまいには1909年に会社からの追放までされてしまいます。会社を追放された後、すぐに自分の会社を新たに設立したアウグスト・ホルヒですが、その会社の名前にもホルヒが入っていたため最初に設立したホルヒ社から名前を使うことを禁じられてしまいます。そこで、ラテン語でホルヒと同じ「聞く」という意味であったアウディを新たな会社につけました。

アウトウニオン結成

そんなアウディですが、設立後順風満帆とはいかず、ドイツは第一次世界大戦に負けた上世界恐慌も重なったので国内の経済が大不況に陥ります。その影響をアウディやホルヒなどの自動車メーカーはもろに受け、経営は大きく傾いていきます。そのような状況の中、ドイツの自動車メーカー4社(アウディ、ホルヒ、DKW、ヴァンダラー)はなんとか協力して凌ごうと結束し、アウディウニオンを結成します。これが現在まで続くアウディの起源となっています。現在のアウディの有名な四つの輪が重なったエンブレムはこの当時できたもので、四つの輪はそれぞれアウディ、ホルヒ、DKW、ヴァンダラーを表しています。

アウディが生み出した名車

Audi quattro

現在のアウディの中心技術と言っても過言ではないクワトロシステム。このクワトロシステムを一番最初に搭載したのがAudi quattroでした。クワトロシステムは四輪駆動のシステムで全てのタイヤに同じトルクを分けるのではなく、タイヤの滑り具合によってトルクを配分するという画期的なシステムです。このシステムが誕生したことにより、当時戦争のオフロードの場面でしか使われていなかった四駆がオンロードの街中でも活躍できるようになりました。また、この車はラリーでも大活躍し、アウディの名を瞬く間に世界中に知らしめました。

Audi TT


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら