【免許合宿】免許を取りつつ就活?合宿先で有給インターンを体験

2週間の貴重な休み。免許取得だけで終わらせていいの?

合宿の免許取得の流れ

まず、合宿での免許取得の流れについて説明します。

1日目       入校手続き・先行学科・適正検査

1日目~6日目   第1段階【普通免許ATなら学科50分×10コマ(先行含む)、技能最短12時間】

7日目       検定・仮免学科試験・仮免許証取得

7日目~13日目  第2段階(普通免許ATなら学科50分×16コマ、技能最短19時間】

14日目      卒業検定

これが合宿での免許取得の大まかな流れです。もちろん、本免許を取得するためには、各都道府県にある運転免許センターに通う必要があります。

合宿のメリット・デメリット

免許取得のために、教習所に通うのであれば、平均3~4か月、人によっては半年近くかかってしまうこともあります。しかし、合宿であれば約2週間あれば免許取得ができます。一見良いこと尽くしのように見えますが、実はデメリットも存在します。

合宿のメリット

1,短期での免許取得が可能

やはり、合宿で免許を取るうえで最も大きなメリットは通いで免許取得を行うよりも圧倒的に短期での取得が可能な点です。免許取得にあまり時間のかけられない人は、合宿がお勧めです。

2,短期集中で試験に合格しやすい

通いと異なり、約2週間で免許取得を目標としているため、短期で一気に運転感覚や細かい動作を身に着けることができます。やはり、通いだと予約が取れず、日数が空いてしまい、せっかく身に着けることができた運転感覚を忘れてしまうこともあります。そのため、合宿は通いよりも試験に合格しやすいと言えます。

3,スケジュールがすでに組み立てられている

やはり、8月や3月などの長期休み期間などは、教習生が多く集まりやすくなり、技能の予約が取り辛くなります。しかし、合宿であれば決まった日数で卒業するようにあらかじめスケジュールされているので、混み合う時期でも順調に卒業することができます。

合宿のデメリット

1,混み合う時期での入校は値段が高い

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら