BMW Z4 クーペ 2シーター専用モデルの魅力とは

BMW Z4 クーペ画像

BMW Z4 クーペの特徴

BMW Z4 クーペ画像

引用元:http://kakaku.com/kuruma/used/maker/BMW/Z4/

BMW Z4 クーペの特徴①

ドイツの高級車ブランドBMWが生産する高級スポーツカー「Z4」はBMWシリーズの中の「4シリーズ」に属し、2シータークーペまたはオープンカー専用モデルとして存在します。通常の4シリーズは3シリーズのクーペモデルをバージョンアップさせた派生モデルですが、2ドアのクーペと4ドアのグランクーペの2タイプがあり、オープンモデルもありますが、いずれも4シーターモデルであるため、2シーターのZ4とは異なります。

BMW Z4 クーペの特徴②

2003年にデビューしたZ4ですが、直列6気筒エンジンを搭載したロングノーズ、ショートデッキスタイルのシルエットでアメリカンスポーツカーのイメージが強調されたデザインとして戦慄のデビューとなりました。切れ上がったヘッドライトにBMWの特徴でもあるキドニーグリルが先に突き出る、迫力のあるデザインとしてポニーカーのイメージを醸し出す、走りを追求したスポーティーなシルエットに仕上がっています。

BMW Z4 クーペの特徴③

4シリーズの概念として生産されるZ4 ですが、2シータモデルであるため、通常の4シリーズよりも一回り小さなボディーを搭載しており、一方でエンジンは2Lターボと3Lツインターボモデルを搭載しており、最上位グレードの3Lツインターボモデルは最高出力340馬力、最大トルク51.0kgf・mと小柄なボディからは想像もできないパフォーマンスを発揮します。
世界で開催される耐久レースでも好成績を残すモデルとして知られています。

 

BMW Z4 クーペの歴代モデル

BMW Z4 クーペ画像

引用元:https://www.supercars.net/blog/2003-bmw-z4-3-0i/

BMW Z4 クーペの歴代モデル①

2003年に登場したE85・E86モデルですが、ロードスター(オープンモデル)とクーぺの2タイプが生産され、当初、このサイズの6気筒無加給エンジンでハイパフォーマンスを発揮するZ4に注目が集まりました。5速オートマチックに加えて6速セミオートマチックによる手動変速によりスポーツカーの醍醐味を満喫できることから、スポーツカーファンがこの車を購入しました。

BMW Z4 クーペの歴代モデル②

2009年まで続いた先代モデルから全体的なシルエットを引き継ぎ、2Lダウンサイジングターボエンジンを追加し、3Lエンジンはツインターボエンジンにパワーアップされ、先代モデルで無加給であったこの車に過給機を搭載したモデルが追加され、スポーツカーとしての存在感を一気に上げました。ダウンサイジングターボは4気筒2Lでありながらツインパワーターボを搭載し、初代モデルより50馬力以上アップした204馬力を発揮します。

中古車価格について

BMW Z4 クーペ画像

引用元:https://www.cars.com/research/bmw-z4-2003/

BMW Z4 クーペの歴代モデル①

初代モデルは年式や走行距離により価格の開きがありますが、2008年モデル以降が中古車市場で高い相場で流通しており、後期モデルがより価格が高い傾向が見られます。本革シートやMスポーツ専用シートに人気があり、ボディーからがホワイトやブラックの相場が高いです。モデルチェンジにより全体的な相場が下がったようにも感じ、前期モデルで走行距離が多い車両は50万円前後で流通しています。

BMW Z4 クーペの歴代モデル②

現行モデルとなる2009年にフルモデルチェンジしたE89モデルは先代よりもよりエッジをきかせたシャープなデザインで全体的な高級感を増しています。先代モデルではパーキングブレーキがハンドブレーキであったのに対し、エレクトリックパーキングブレーキを採用し、パドル式シフトをステアリングに設置しました。後期モデルではエレクトリックATとしてマニュアルモード採用し、インパネデザインの変更も行われたため、人気が上がっています。走行距離が少ない中古車であれば車両本体価格が500万円以上で流通していることもあります。

 

E89モデルがおすすめ!

BMW Z4 クーペ画像

引用元:https://clubmini.jp/22085

現行のE89モデル2Lがおすすめです。4気筒DOHC ツインパワーターボを搭載したこのモデルは、通常のターボ車とは異なる概念で、スポーツカーでありながら低燃費でハイパワーという特徴があります。アクセルから足を離し、ブレーキを掛けると減速時の回生エネルギーがバッテリーにリリースされ、燃費の軽減を図ります。また、無駄な燃料消費を抑えるためにアイドリングストップ機能を搭載しており、維持費も国産車クラスと同等です。

おすすめモデルの燃費

Z4 2L ターボは街乗り走行9km/Lで高速走行では11km/L まで伸びると言われています。ターボ搭載車の問題は燃費の悪化ですが、BMW独特のツインパワーターボを搭載していることから、通常のターボよりも燃費効率が良く、それでありながら高出力を発揮するという優れものです。加速時に早期で高出力を発揮するとその後は負荷を抑えた安定した走りへと移行します。そのため、他のターボ車よりも低燃費な車です。

おすすめモデルの維持費

Z4の維持費は次の通りです。

●毎月のコストとして燃料費負担があります。
Z4は全車プレミアムガソリンを使用しているため、ガソリン代の負担はレギュラー使用の車両に比べて若干高いです。
年間10,000km未満として毎月8,000円から15,000円程度は掛かるでしょう。

●年間に掛かるコストとして自動車税、保険料、車検整備費用、駐車料金などが必要になります。
2Lであれば、自動車税は39,500円です。
車検や整備費用に掛かる費用も重要です。
輸入車であることから部品単価が高く、車検整備費は国産車の2割程度割増しとなります。
ただし、BMWの保証内容やサポート体制が充実していることからユーザーの評価は高いです。
オイル交換はBMW専用のロングライフオイルを使用するため、20,000円~30,000円と割高ですが、国産車の2倍以上の耐久性があるため、20,000km程度での交換となるためそれほどの負担とはなりません。

E89モデルについていてほしいオプション2選

BMW Z4 クーペ画像

引用元:https://ja.aliexpress.com/popular/pedal-for-bmw-z4-series.html

オススメオプション①

スポーツカーであるZ4ですからインテリアにも気配りはしたいです。
アクセルとブレーキペダルの他、左足のサポートペダル(右ハンドル)の3点ペダルは設置しておくことをおすすめします。
3点で14,600円となりますが、インターネットでは半分以下で販売するサイトもあります。

オススメオプション②

BMW Z4 クーペ画像

引用元:https://auctions.yahoo.co.jp/closedsearch/closedsearch/%E3%83%80%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%AF/0/

ダブルスポーク326M専用タイプのアルミホイールも最初に設定しておくと良いです。
これにより一層スポーツカーのイメージがアップします。
4本で220,000円

まとめ

BMW シリーズの2シーター専用中核モデルのZ4は、デビューからすでに14年が経過しました。
3シリーズから派生したアップグレードモデルの4シリーズに属しながら2シーターのロードスターモデルとしてのポジションを確立しています。
スポーツカーでありながら低燃費を実現し、最高のパフォーマンスを発揮し、常に進化を続けます。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら
BMW Z4 クーペ画像