ポルシェパナメーラの実燃費はいかに

2016年にモデルチェンジした2代目のポルシェパナメーラ。その最新型の燃費をカタログ値と試乗レビューした方の実燃費などを踏まえてご紹介します。ハイブリッドモデルは驚きの燃費を記録しています。

ポルシェ パナメーラとは

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/panamera/

ポルシェパナメーラは、2009年の4月からドイツのライプツィヒ工場で生産が開始され、翌月の上海モーターショーで正式デビューしました。日本国内では同年の9月12日にリリースされています。車名のパナメーラは、1950年代前半に行われた、メキシコでの公道レースに由来します。そのインスピレーションの元になったのが、「カレラ・パナメリカーナ・メヒコ」です。

力強くダイナミックな走りとデザイン性の高さが人気となり、日常使いができる911のような存在としてポルシェファンに親しまれてきました。最新型のツインターボエンジンは、軽やかで瞬時に加速し、その最高時速はベースモデルでも264kmにも及びます。一流のスポーツカーでありながら、高級サルーンの快適性を兼ね備えているのが魅力です。

ツインターボを搭載した新型パナメーラ

2016年の6月には2代目パナメーラが発表され、日本では2017年2月に日本仕様が公開されました。7年ぶりの全面的なモデル改良を経ています。旧モデルの丸みを帯びた後部は、シャープな姿に変わっています。動力装置が一新されたことで、パナメーラ・ターボは、100キロまでの加速が3.8秒を実現しています。これは911カレラのタイムであるを4.6秒上回っています。さすがに911ターボの3.0秒を上回ることは許さなかったのでしょうが。ベースモデルの「パナメーラ」には、V型6気筒ツインターボエンジンが、「パナメーラターボ」にはV型8気筒ツインターボエンジン搭載されており、8速のデュアルクラッチであるPDKが設定されています。そして、2017年からシューティングブレイクと称される、ステーションワゴンモデルがラインナップに加わっています。

最新モデル「パナメーラ」の燃費は約13km/L

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら