三菱アイの燃費は?三菱アイの特徴と燃費を向上させる方法5つを紹介

未来的なデザインで発売当初話題を呼んだ三菱アイはどんな車なのでしょうか。生産終了モデルということで、現行販売車と比べると燃費効率が気になるポイントでもあります。今回は、三菱アイの特徴と燃費を向上させる方法5つを紹介します。

三菱アイ(i)とは

三菱アイ(i)とは、2006年に三菱自動車から誕生したミッドシップエンジンレイアウトの軽自動車です。ミッドシップエンジンレイアウトとは、エンジンの配置が後方の車軸の前になっているプラットフォームのことで、近年の軽自動車としてはユニークなものでした。未来を感じさせるデザインの軽自動車として知られています。

すでに生産終了

未来を感じさせる個性的なデザインや、使いやすいラゲッジルームで軽自動車としては画期的なアイディアの詰まったモデルの三菱アイですが、すでに生産を終了しています。現在は、アイをベースとしたMiEVという車種が販売されていますが、アイを購入したい場合は、新車での購入ができないため中古での購入になります。三菱の公式サイトに、中古で販売されている車を一覧できるページがあるので、そこから確認し、購入する場合は車検の状況、走行距離をチェックしてください。

三菱アイの燃費

三菱アイは、燃費基準を達成しているとはいえ、ターボエンジンであるため現行販売車のエンジンと比べると燃費の部分はどうしても少し劣ります。三菱アイの中古車購入を検討していて燃費の面が気になる方は、荷物を減らして重量を軽くする、急発進等をしないなど、丁寧な運転をすることがポイントとなってきます。

三菱アイの特徴4つ

三菱アイは、新世代の軽自動車を目指したコンセプトで、2006年に販売が開始されました。ここでは、三菱アイの特徴を4つ紹介します。軽自動車は長年、デザインや居住性、性能などの面で、軽自動車だからある程度の妥協は仕方ないというイメージがついて回っていましたが、それを払拭しようとした三菱の試みが表れていると言えます。

三菱アイの特徴1:個性的なデザイン

三菱アイの特徴1つ目が、個性的なデザインです。ルーフ前端の流線型のカーブや、未来を感じさせる新鮮なフォルムが目を惹き、直感的にワクワクできるデザインとなっています。インテリア部分でも、メーターパネルが特に個性的で、乗る人にモダンな印象を与える作りとなっています。ボディカラーもバリエーションが豊富なため、中古車を探される方は好みの色が売られているかも確認してみるのもよいでしょう。

三菱アイの特徴2:ラゲッジルームが使いやすい

三菱アイの特徴2つ目は、ラゲッジルームが使いやすいことです。三菱アイは、後輪前あたりのちょうどラゲッジルームの床下にあたる部分にエンジンが搭載されていることから、ラゲッジルームの容量自体が大きいとは言えません。しかし、リアシートがフルフラットに倒せることもあり、スペースを作って使うことができるのが特徴です。また、助手席などにも収納スペースがあるので、車内の様々な箇所に収納することができます。

三菱アイの特徴3:ゆったりとした室内

三菱アイの特徴3つ目は、ゆったりとした室内空間が実現されていることです。軽自動車というと、スペースが狭いというイメージを持つ人もいるのではないでしょうか。リヤミッドシップレイアウトの車は、通常であれば後席の足元あたりが窮屈になりがちですが、三菱アイはホイールベースに工夫を施すことで圧迫感を減らしています。また、シートアレンジをシンプルにすることで、ゆったりとした車内を実現しています。

三菱アイの特徴4:ターボエンジン搭載

三菱アイの特徴4つ目が、ターボエンジンが搭載されていることです。三菱アイの販売にあたって、ゼロから新たに開発されたターボエンジンは、より軽量でコンパクトなことに加えて、ガスの排出量を減らすことで低燃費を実現しました。さらに、ターボエンジンにもかかわらず、振動・騒音をおさえ、スムーズな走りを体感することができるでしょう。

三菱アイの燃費を向上させる方法5つ

個性的なデザインや使いやすさを考えて作られた居住空間に惹かれて、三菱アイの購入を検討している方でも、燃費の面は気になる部分ではないでしょうか。三菱アイは生産終了モデルであるため、現行販売されているモデルと比べると、どうしても燃費の良さは劣ってしまいますので、乗る側の工夫が必要となります。ここでは、三菱アイの燃費を向上させる方法を5つご紹介します。

三菱アイの燃費を向上させる方法1:荷物を多く積まない

三菱アイの燃費を向上させる方法の1つ目が、荷物を多く積まないことです。三菱アイに限った話ではありませんが、車は全体の重さが増えれば増えるほど、それを動かすための燃料を多く必要とするので、結果として燃費が悪くなります。荷物を車の中に置きっぱなしにしない、重たい荷物をあまり入れすぎないということに注意をして乗れば、燃費の向上に繋がるでしょう。

三菱アイの燃費を向上させる方法2:丁寧な運転を心がける

三菱アイの燃費を向上させる方法の2つ目が、丁寧な運転を心がけることです。丁寧な運転とは、急発進や急加速を避けることを意味します。急発進や急加速を行うと、エンジンに負担がかかり、燃費の面でも無駄が生じます。また、スピードを上げる場合にも、一定のペースで加速するとよいです。周囲をよく見て、環境や状況に合わせた丁寧な運転を心がけることが燃費の向上に繋がるでしょう。

三菱アイの燃費を向上させる方法3:定期的にメンテナンスをする

三菱アイの燃費を向上させる方法の3つ目が、定期的にメンテナンスをすることです。三菱アイは生産を終了しているため、中古車での購入になります。そのため、エンジン回りの定期的なメンテナンスが重要になってきます。また、メンテナンスだけでなく定期的に乗ってエンジンを動かすというのも、燃費や車のコンディションには大切なポイントです。

三菱アイの燃費を向上させる方法4:パーツにこだわる

三菱アイの燃費を向上させる方法の4つ目が、パーツにこだわることです。手に入れた三菱アイの気になる問題点に合わせて、純正パーツを根気強く探したり、三菱アイに投入可能な最新パーツを見つけたりといった工夫が必要となるでしょう。パーツを付けることで、全体の重さが逆に燃費を悪化させないよう重量にも気をつける必要があります。

三菱アイの燃費を向上させる方法5:渋滞を避ける

三菱アイの燃費を向上させる方法の5つ目が、渋滞を避けることです。渋滞に捕まると、短い距離の中で発進と停止を繰り返すことになり、ガソリンを無駄に消費してしまいます。予期せぬ事態で渋滞にはまってしまうのは仕方ありませんが、燃費を向上させるのであれば、あらかじめ混雑が予想される道を走るのは避けたほうがよいでしょう。

三菱アイの中古車を購入する時の注意点

現行販売車にも劣らない先進的なデザインや、コンパクトなボディに凝縮されたこだわりに惹かれ、三菱アイに興味を持たれた方もいるのではないのでしょうか。しかし、三菱アイを手に入れるためには、中古車での購入になります。ここからは、中古車を購入するときには事前に確認すべき注意点を紹介します。中古車での購入を検討されている方は、この記事を参考にしてください。

車検の状況を確認する

三菱アイの中古車を購入する時は、車検の状況を確認しましょう。本体の価格が安いからと言って、車検の残り期間が少ないものを買ってしまうと、トータルのコストで損をしてしまう場合があります。車検が切れている車両は、購入時に車検を新規に取得する必要があり、追加のコストがかかります。また、車検が切れている車の中には、車検を取得するための整備費用が本体価格に含まれているものと、そうでないものがあるので確認をしましょう。

走行距離を確認する

三菱アイの中古車を購入する時の注意点の2つ目が、走行距離を確認することです。一般的に、走行距離は短い方が状態も良く、エンジンなどの劣化が少ないとされています。価格の安さで目にとまったとしても、走行距離が長すぎるものは内部が酷使されている可能性があるので注意しましょう。三菱アイは生産を終了しているモデルであることから、極端に走行距離が少ないものにも注意して、放置車両でなかったかどうかも確認しましょう。

年式をチェックする

三菱アイの中古車を購入する時の注意点の3つ目は、年式をチェックすることです。三菱アイは、現行販売がない状態のモデルです。そのため、販売されなくなった年に近い車ほど、新しい車と言えます。目安として年式のチェックは大切ですが、年式が新しいことだけでなく、走行距離や実際の状態なども確認して購入を検討するとよいでしょう。

燃費に気をつけて三菱アイを楽しもう

三菱アイは、当時発売されていた他の軽自動車とは違う個性を持った、新たなスタイルを産み出した軽自動車と言えるでしょう。現行のモデルと比べると燃費が気になるところではありますが、三菱アイにしかない斬新なスタイルが気に入った方にはおすすめの1台です。燃費の面は、荷物の量や運転技術で工夫をすることなどに気をつけて、三菱アイを楽しんでみてください。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?