BMW「M」とは何か!AMGとは違う成り立ちから現行モデルまで

BMW「M」その設立まで

航空機用エンジンメーカーとして1916年に創業したBMWが1922年に二輪車、ついで自動車産業に参入したのは1929年のこと。 戦前からスポーティな車を作ることで知られていたものの、戦後1951年に操業を再開してからは、ダイムラー・ベンツ(メルセデス・ベンツ)に水を開けられた形で経営不振な時期が続きます。 それでも1959年にダイムラーからの買収を逃れると、小型車BMW700のヒットで息を吹き返し、レーシングモデルの700RSやその後の2002、そしてF2などフォーミュラカーへの参戦も含め、モータースポーツへの参戦も本格化していきました。 しかし、そこまでモータースポーツ活動が広がるとBMW本体ではカバーしきれなくなり、実情はBMWの供給したマシンやパーツをチューナーが組み立て参戦するという、セミワークスに近い体制だったのです。 そこで、1972年新たにBMWモータースポーツ社が設立され、BMWのモータースポーツ活動を一手に担うこととなりました。 その活動は単にBMW3.0CSLクーペなど優れたマシンを組み上げるのみならず、ドライバー育成やBMW車向けアフターパーツ開発など多岐におよび、ついにはオリジナルマシンの開発にまで至ったのです。

名声とその後を決定づけた初代BMW・M3の誕生

BMWモータースポーツ社は1979年、初の市販モデルであり、初の「M」シリーズ、そしてBMW史上唯一のスーパーカーとも言える「M1」を発表します。 諸事情からM1は成功作とは言えませんでしたが、1985年にはDTM(ドイツツーリングカー選手権)を戦うため3シリーズクーペをオリジナルチューンした初代「M3」を発表したのです。 DTMで活躍した初代M3だけでなく、同時期に発表された初代M5もまた、その後の「M」を決定づけます。 高級サルーンでありながら優れた走行性能を持つ初代M5は高性能ビジネスサルーンとしてアウトバーンを急ぐビジネスマンからも圧倒的な支持を受けました。 以後「M」はスポーツイメージのクーペやロードスターだけでなく、ビジネス用快速車両としてのポジションも手に入れ、現在に至るまでほとんどのモデルに「M」が設定されています。 1993年にBMWモータースポーツ社が「BMW M」へ改称したのも、Mシリーズの圧倒的存在感あってのことでしょう。

メルセデスAMGとの違いは何か?

ここでライバル、メルセデスAMGとの違いについても軽く触れておきます。 BMWのライバル、メルセデス・ベンツの高性能ブランドであるメルセデスAMGはその生い立ちからして異なり、ダイムラー・ベンツ出身のエンジニアが設立したチューナー「AMG」をメルセデス・ベンツがその傘下に収めたものです。 通常モデルの開発から関わり、その高性能モデルを作ることは共通していますが、メルセデスAMGがオリジナルのエンジンや車種開発・生産まで行う「メーカー」としての側面が大きいのに対し、BMW MはあくまでBMWの研究開発部門という立場に留まっています。 ブランドとしてもF1のチーム名にその名を冠するメルセデスAMGと違い、BMW Mは「M」モデルにその関連性を伺わせるに過ぎません。 ユーザーにとってはBMW Mの車に乗るというより、あくまでBMW車の「M」シリーズに乗っているというのが最大の違いでしょう。

現在のBMW「M」シリーズは多彩な顔ぶれ

「M」は現在多くのBMW車に設定されており、以下のような顔ぶれが揃っています。

セダン

3シリーズ:M3 5シリーズ:M5 他にBMWには7シリーズがありますが、唯一「M7」が存在しません。 ただし、「M」に準じてBMW Mでチューンした「Mパフォーマンス」モデルとして、通常モデルには無い6.6リッターV12ツインターボエンジンを搭載したM760Li xDriveが存在します。

クーペ

2シリーズ:M2 4シリーズ:M4 6シリーズ:M6 以前、2シリーズとしてクーペを分岐する前の1シリーズには「1シリーズMクーペ」というMモデルがありましたが、コンパクトハッチバックモデルとなった現行1シリーズには存在しません。 その代わり、7シリーズ同様に「Mパフォーマンス」のM135iがあります。 なお、1シリーズに「M1」が存在しない理由は過去のスーパーカーM1と混同しないためなどの推測が為されていますが、定かではありません。

カブリオレ(ロードスター)

4シリーズ:M4カブリオレ 6シリーズ:M6カブリオレ 他に過去にはZ3のM版「Mロードスター」(クーペ版はMクーペ)、初代Z4のM版「Z4Mロードスター」(同Z4Mクーペ)がありましたが、現行Z4には設定されていません。

SUV(BMWでは「SAV」または「SAC」)

X5:X5M X6:X6M 他に、日本未導入ですが3リッター直6トリプルターボディーゼルエンジンのMパフォーマンスモデル、X5 M50dおよび、X6 M50dもあります。

Ancar | Ancar(アンカー) – 中古車の個人間売買


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら