【コンパクトカー版】トールワゴンの比較とおすすめ車種!ソリオ・ルーミー・トールを比較

軽自動車ではほとんどの自動車メーカーが販売しているといっても過言ではないほど、今現在の車業界の大人気カテゴリーとなっているトールワゴン。スーパーハイトワゴンとも言われるように非常に背が高く、室内が広いのが特徴の車ですが、最近ではコンパクトカーのカテゴリーにもトールワゴンタイプの車が続々と登場してきました。一見すると、トールワゴンは全部同じように見えてしまうのでどれを選んだら良いのか迷ってしまいがちです。そこで今回は、コンパクトトールワゴンのソリオ、ルーミー、トールを比較し、おすすめの一台を選んでいきたいと思います。コンパクトトールワゴンを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

今回比較する車種紹介

まずは今回比較する車種をそれぞれ簡単に紹介していきたいと思います。

スズキ ソリオ

https://www.suzuki.co.jp/car/solio/styling/img/img01.jpg

ワゴンRから派生し、2005年に完全に独立したスズキのソリオ。コンパクトトールワゴンというカテゴリーを作った先駆けと言っても良いでしょう。後述する車種が登場するまではこの車の独壇場となっていました。

ダイハツ トール

https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/img03_exterior/07_01_01.jpg

先ほどのソリオに対抗するために開発されたのが、ダイハツ トール。2014年から開発が開始され、2016年に販売が開始された比較的新しい車種です。

トヨタ ルーミー(タンク)

https://toyota.jp/pages/contents/roomy/001_p_001/4.0/image/gallery_des-custom_01.jpg

2019年度の乗用車販売台数では7位になるほど大人気のとなっているトヨタのルーミー。ネッツやトヨペットで扱っている、外観以外はほぼ同じ内容のタンクも上位にランクインしています。そんな二台ですが、先ほど紹介したトールのOEM供給となっています。つまり、根本的なスペックは同じでボディカラーや外観に違いがあります。

3台を比較!

それでは紹介した3車種をポイントごとに比較していきます。

燃費で比較

まずは日常的に使う上で欠かせない燃費での比較。比較してみると、全体的にソリオの方が燃費に優れていることがわかります。ソリオはマイルドハイブリッドとハイブリッドの二タイプを用意しており選択できるようになっています。ハイブリッドの方がモーターでアシストする量が増えるため燃費は良いのですが、その分価格も20万円ほど高くなるので自分にあった方を選びましょう。一方トールとルーミーはソリオには及びませんが、それでも十分好燃費と言える値になっています。

室内の広さで比較

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら