中古車の現状渡しとは?注意点とチェックするべきポイント

中古車を検討しようと色々なサイトを見ていると割と数多く激安な中古車があり、詳細を見てみると現状渡しと書いてあることが多々あります。安い中古車ほど多いこの現状渡しとは、一体何なのでしょうか。安い車に多いということはそれ相応のデメリットなどもありそうです。そこで今回はそんな現状渡しについて、車を買う前に知っておくべき注意点とチェックポイントやその安全性についてお話していきます。

現状渡しとは

まずは現状渡しとは何なのかについて説明していきます。

整備や点検を何も行わずに販売すること

現状渡しとは一言で言うと整備や点検を何も行わずに、仕入れた状態そのままで販売することを指します。そのため、修理するべき所があっても修理はされていませんし、そもそも点検もされていないので故障している箇所があるのかどうかもわからないのが非常に不安なところです。しかし、その分他の車体に比べて価格的にかなり安く設定されているので、とにかく安い車をという人にはぴったりです。

個人間売買は現状渡しの販売方法が多い

一番現状渡しの車が多いのが、個人間売買。個人間売買では販売されている車のほとんどが現状渡しであると言っても過言ではありません。個人間売買では、売るのも買うのもどちらも一般の人となり、整備や点検などはできない人が大半なため、基本的に現状渡しとなります。また、中古車販売店でもかなり古い年式の車や、走行距離のいっている車などは現状渡しである場合が多いです。それらの車は、修理や整備をしようとすると完璧な状態に戻すにはかなりお金がかかってしまい、販売する時に年式は古く走行距離は多いのに価格が高いという非常に売れにくい個体となってしまうので現状渡しが多くなっています。

もちろん、個人間売買全てが現状渡しというわけではありません。Ancarでは個人間売買でありながら、購入決定前のタイミングで点検を行うサービスを展開しています。個人間売買の現状渡しが怖いという方、また個人間売買自体に興味があるけど手が出せないと言う方はぜひご利用ください。

現状渡しの車を検討する際の注意点

車検に注意

現状渡しの場合は車両の状態はもちろんですが、車検にも注意しなければなりません。現状渡しではもちろん車検を行ってはいないため、車を買う時に車検が残っていない車を選んでしまうと買った後に自分で車検に出さないといけなくなり、想定していた費用よりもかなり多くお金がかかってしまいます。また、車検をとっていないと公道を走行することができないため、車検に出すために移動することもできず、結局買った所の中古車販売店で車検をしてもらうことになってしまうので注意が必要です。

自分の目での判断が非常に重要

ここまでお話してきて薄々感じていると思いますが、現状渡しを望む際は車両の状態を判断する自分の目が非常に重要になってきます。パッと見て車両の詳細な状態が判断できなくても、点検記録簿を確認したり車検証を確認したりと何を確認して車両の状態を判断するかが重要です。また、電気系統であればエアコンをチェックしたりライトをチェックしたりとその場で確認できることも多いのでそういったどこを確認すればいいのかという知識は必要になってきます。いずれにせよ現状渡しでは実際に実物を見に行く現車確認は必須です。

現状渡しを現在検討している方はぜひ合わせてこちらの記事もご覧ください

個人間売買の現車確認で確認すべきことと注意点!

安全性は大丈夫?

最低限の保証は法律で守られる

しかし、いくら保証はしないと言っても最低限の保証は法律で守られています。例えば現状渡しで車を購入して、一週間で故障して動かなくなってしまった場合、その故障の原因の不具合について販売店側から購入者に伝えられておらず、自然消耗と考えられない時は販売店側に無償修理を請求することができます。これは民法570条、消費者契約法8条1項5号に明記されている内容です。しかし、それでもやはり安全性が保たれているとは言い切ることはできません。

保証がありの場合でも要注意

狭い範囲での保証場合が多い

現状渡しでなく、保証がある場合でも保証があるからと安易に判断することは非常に危険です。保証がついているのにも関わらず非常に安い車がちらほらありますが、そう言った車は1ヶ月1,000kmや3ヶ月3,000kmなど非常に距離の短い保証となっている上、保証内容もエンジン、ミッションのみなど対象部品の範囲もとても狭く限定されています。これらの保証はもうほぼないものと考えておいた方が良いです。こういった保証の付いている車は保証という響きがある分、現状渡しよりも高い場合が多いので特に注意しましょう。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら