中古車の現状渡しとは?注意点とチェックするべきポイント

中古車を検討しようと色々なサイトを見ていると割と数多く激安な中古車があり、詳細を見てみると現状渡しと書いてあることが多々あります。安い中古車ほど多いこの現状渡しとは、一体何なのでしょうか。安い車に多いということはそれ相応のデメリットなどもありそうです。そこで今回はそんな現状渡しについて、車を買う前に知っておくべき注意点とチェックポイントやその安全性についてお話していきます。

現状渡しとは

まずは現状渡しとは何なのかについて説明していきます。

整備や点検を何も行わずに販売すること

現状渡しとは一言で言うと整備や点検を何も行わずに、仕入れた状態そのままで販売することを指します。そのため、修理するべき所があっても修理はされていませんし、そもそも点検もされていないので故障している箇所があるのかどうかもわからないのが非常に不安なところです。しかし、その分他の車体に比べて価格的にかなり安く設定されているので、とにかく安い車をという人にはぴったりです。

個人間売買は現状渡しの販売方法が多い

一番現状渡しの車が多いのが、個人間売買。個人間売買では販売されている車のほとんどが現状渡しであると言っても過言ではありません。個人間売買では、売るのも買うのもどちらも一般の人となり、整備や点検などはできない人が大半なため、基本的に現状渡しとなります。また、中古車販売店でもかなり古い年式の車や、走行距離のいっている車などは現状渡しである場合が多いです。それらの車は、修理や整備をしようとすると完璧な状態に戻すにはかなりお金がかかってしまい、販売する時に年式は古く走行距離は多いのに価格が高いという非常に売れにくい個体となってしまうので現状渡しが多くなっています。

もちろん、個人間売買全てが現状渡しというわけではありません。Ancarでは個人間売買でありながら、購入決定前のタイミングで点検を行うサービスを展開しています。個人間売買の現状渡しが怖いという方、また個人間売買自体に興味があるけど手が出せないと言う方はぜひご利用ください。

現状渡しの車を検討する際の注意点

車検に注意

現状渡しの場合は車両の状態はもちろんですが、車検にも注意しなければなりません。現状渡しではもちろん車検を行ってはいないため、車を買う時に車検が残っていない車を選んでしまうと買った後に自分で車検に出さないといけなくなり、想定していた費用よりもかなり多くお金がかかってしまいます。また、車検をとっていないと公道を走行することができないため、車検に出すために移動することもできず、結局買った所の中古車販売店で車検をしてもらうことになってしまうので注意が必要です。

自分の目での判断が非常に重要


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら