頑張れば学生でも買える!中古高級車の世界

ポルシェやベンツ、国内ではレクサスなど、高嶺の花のように思える高級車メーカーたちですが中古車に目を向けるとかなり値が落ちているものも多く、中には新車価格の1/10以下で取引されている車もあります。しかし、値が落ちたと言っても高級車は高級車です。質や走り、安全性や何より周りの見る目は200万近い現行の軽自動車よりも良いと思われます。つまり、車体価格のみを見ればコスパが良い選択と言えます。今回は値下がりして手の届きやすくなった高級車を紹介していきます。

値段が落ちているメーカー

メーカーとして全体的に値が落ちるメーカーをご紹介します。

ベンツ・アウディ・BMW


高級車の代名詞といっても過言ではないベンツもかなり価格が落ちます。ベーシックなCクラスはもちろん、同社のフラッグシップであるSクラスでもモデルによっては2桁万円で販売されています。アウディやBMWも同様に値が下がります。ただし年代によってデザインの傾向がかなり変わるので、多少の古臭さは否めません。またこの三社の中古車でもスポーツモデルは価格がなかなか落ちません。

レクサス

レクサスでも10年落ちともなれば2桁万円の車両はざらにあります。多少古くてもそこは安心と信頼のトヨタグループ。車としてはまだまだ現役です。もう少し新しいモデルでも、CTやHSはそもそもの人気が低いので結構安いです。あまり高級車という感じはしないですが…。

キャデラック


アメリカからはキャデラックです。結構古めですが15年~20年落ちあたりのモデルが安くなっています。むしろそのくらいの年式の方がアメ車らしさが強くてカッコイイ!と個人的には思います。6.0Lエンジンのエスカレードが50万円前後で買えるのはお得感が強いです。

値段が落ちている車種

次は車種ごとに見て価格が下がっている車をいくつかご紹介していきます。

ポルシェ・ボクスター


ボクスターの中でも1996年から販売された986型ボクスターです。これはエンジンをミッドシップに配置した車で、一般的にポルシェと聞いて想像するRRのシルエットではありませんが、まあ素人目にみれば違いなど分かりません。96年から04年の販売期間にもアップデートが繰り返され、エンジンやタイヤサイズなどバリエーションがありますが、初期のモデルはの中古車は70万円ほどからあります。

ポルシェ・カイエン


同じくポルシェからSUVのカイエンです。カイエンにもベーシックなカイエン、カイエンS、カイエンターボと種類がありますが、最上位であるカイエンターボはなんと450馬力を発生します。しかし中古価格は100万円ほど。450馬力が100万円って相当お得だと思います。常磐道の追い越し車線でも困ることはないでしょう。

トヨタ・センチュリー


黒塗りの高級車でおなじみ、トヨタのフラッグシップのセンチュリーです。センチュリーはデザインのコンセプトが変わらずパッと見て年式の判断がつきません。(悪く言えば全部古く見える)年式の浅いものはまだ高額ですが、00年前後のものなら二桁万円です。しかもセンチュリーはその性質上しっかりメンテナンスをされてきた個体が多く走行距離のわりに状態がいい傾向にあると思います。自分で運転する車ではない気もしますがおすすめです。

安くなるには理由が・・・

安いからと言って両手放しに喜んで買ってしまうと後悔するかもしれません。というのも、価格が落ちるのはその値段まで下げないと誰も買わないからで、人が買わないのにもそれなりの理由があります。考えられる理由をいくつか挙げてみます。

希少価値が低い

中古車市場に流通している台数が多いと必然的に価格が落ちます。という事は街で走っている台数も多いという事です。高級車に乗ってるのに街で同じ車とたくさんすれ違ったら面白くはないと思いますが、こういうことが起こる可能性があります。

維持費が高い

アメ車にまでダウンサイジングの波が及んでいる今日この頃の車と比べると、ちょっと古い車はエンジンがやたらと大きかったり燃費が悪かったりと、環境保護の概念が抜け落ちていたりします。そうすると税金が高かったり燃料代がかさんだりと維持費が膨れてきます。13年落ちともなれば税金もさらに高くなります。また、こういった古さに起因するものではなく、高級車はそもそもの維持費も高い傾向にあります。経済的に余裕のある人が乗るものですから、当然と言えば当然ですが気を付けたいポイントです。

故障が多い

古い車には故障がつきものです。またメーカーから部品出ず入手に苦労することもあります。点検やメンテナンスをしていてもある程度仕方ない部分があります。メーカーや車種にもよると思いますが、多少のトラブルは覚悟して乗るべきでしょう。

買う前によく考えて

タイトルでは学生でも買えると言いましたが、あくまで買うところまでの話です。買ったその後の維持費は車によって大きく変わってくるので、欲しい車の情報をしっかり集めてシミュレーションしてから買いましょう。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら