スズキ「スペーシアカスタムZ」新登場!内装や価格など徹底紹介

スズキの新型軽ハイトワゴン「スペーシアカスタムZ」が発売されました。専用デザインの装備を採用したスペーシアカスタムZは、標準のスペーシアとどこが違うのか?今回は、スペーシアカスタムZとスペーシアの価格や内装、デザインの違いについて比較しています。


「スズキ スペーシア カスタムの特徴」

①従来スペーシアいい意味で覆す全く違うルックス

シンプルなイメージだったスペーシアが全く違うスタイルで一新されました。ボンネットを水平基調とし、ディスチャージヘッドランプは薄型で横長にすることで、グリルを強調させ、そこにU字型の太い3本の大型メッキグリルを装備させることで、正面から見た時の存在感がさらに増すデザインとなっています。

②背が高いのに安定した走り

背の高い軽自動車ということもあり、走行安定性は不利な要素が多いにも関わらず、他社のライバル車種に比べるとボディが軽く低重心の為、自然な感覚で運転することができます。ターボモデルであればターボとS-エネチャージも相まって峠道などでも、曲がりにくく感じることはほとんどなく、軽快に走ることができます。
今回、足回りを硬めに設定していることも走行性能のポイントになってます。

③広く快適な室内空間

ブラックを基調にチタンシルバーのアクセントを加えることで、より上質感のある室内空間を演出しています。
前後席ともに頭上と足元に十分な余裕があり、大人4名が快適に乗車することができます。
後部座席には左右独立して前後に調節できるスライド機能が備わり、床面へ落とし込むように畳むことができます。
この状態であれば大きな荷物も積みやすく、助手席の背もたれも水平に近い角度まで倒せるので、長い荷物も収めることができます。

「スズキ スペーシア カスタムの主なグレード」

①従来スペーシアカスタムのグレード

ベースグレードのGSと、充実装備のXS、またその中に、ノーマルエンジンとターボモデルの二種類、FFとフルタイム4WDの二種類の駆動方式が選べます。それに加えて、DCBS=デュアルカメラブレーキサポートの安全機能の有無を選ぶことができるため、合計で16のグレードにも分かれています。

②カスタムZ ベースグレード

従来スペーシアと同じ型のノーマルエンジンを搭載したベースグレードになり、こちらもFFとフルタイム4WDの二種類の駆動方式が選べ、DCBS=デュアルカメラブレーキサポートの有無も選択可能となっています。

③カスタムZ ターボモデル

ターボエンジンを搭載したモデルになります。エンジン自体は通常のスペーシアXSターボと同型のものになります。
ベースグレード同様、FF2WDとフルタイム4WDの二種類の駆動方式が選べ、DCBS=デュアルカメラブレーキサポートの有無を選択可能です。
ベースグレードとの違いとしては、パドルシフト、車間距離を制御する機能のないクルーズコントロールなどが加わっています。
アルミホイールは1インチアップして15インチになっています。

「エクステリア・インテリア」

スズキ スペーシアカスタムのエクステリア

エクステリアは専用のものが多く、・エアロ形状フロントバンパー ・大型メッキフロントグリル ・ディスチャージヘッドランプ
・LEDイルミネーション ・LEDフロントフォグランプ ・ブラックメッキバックドアガーニッシュ ・メッキドアハンドル(ターボモデル)
・14インチタアルミホイール ・15インチアルミホイール(ターボモデル)
があります。

スズキ スペーシアカスタムのインテリア

インテリアはブラックが基調で、ドアアームレストやエアコン吹き出し口のリングはチタンシルバーで仕上げ、上質感のある室内になっています。専用装備としては、・ファブリックシート表皮 ・ドアアームレスト ・エアコンルーバーリング)
・本革巻ステアリングホイール(ターボモデル) ・防眩式ルームミラー
があります。

「燃費について」

通常のスペーシアカスタムとエンジン性能、車両重量等の主要諸元は同じなので、カタログデータではターボモデルで26.8km/lで、ベースグレードでは30.6km/lとなっています。これはターボ車、軽ハイトワゴンNo,1の低燃費となっています。
この燃費を実現できるのはスズキ独自の技術「S-エネチャージ」の搭載によるものです。

「維持費について」

■年単位でかかる費用
・自動車税:10,800円
・車検代:法定費用31,170円+各店舗による工賃=5~7万円程度

■毎月かかる費用
・ガソリン代
(1年1万km&カタログ燃費30.6km/l×レギュラー120円):39,215円
・駐車場代:1万円
任意保険代:年額約5万円程度
(年齢30歳、免許証ブルー、30歳以上限定、本人限定、車両保険無し、新規で申込、年間走行距離11000km以下)
http://www.sonysonpo.co.jp/auto/quote/

「新車価格・中古車価格について」

「グレード別新車価格」

カスタムZターボ DCBS装着車 4WD : 1,794,960円[消費税抜き 1,662,000円]
カスタムZターボ DCBS装着車 2WD : 1,674,000円[消費税抜き 1,550,000円]
カスタムZターボ 4WD : 1,719,360円[消費税抜き 1,592,000円]
カスタムZターボ 2WD : 1,598,400円[消費税抜き 1,480,000円]
カスタムZ DCBS装着車 4WD・ : 1,686,960円[消費税抜き 1,562,000円]
カスタムZ DCBS装着車 2WD : 1,566,000円[消費税抜き 1,450,000円]
カスタムZ 4WD : 1,611,360円[消費税抜き 1,492,000円]
カスタムZ 2WD : 1,490,400円[消費税抜き 1,380,000円]

「値引き情報について」

軽量ボディと優秀なエンジンを持ち、軽快に走れるスペーシアZですが、ブランド力なのか、印象の薄さからか、他社のライバル車種に販売面では差をつけられています。そんな状況もあるので、値引きはしやすい車種となっています。
・オプション含む平均値引き相場:16万円
・車両本体の平均値引き額:15万円
時期や店舗などによって違いはあるようですが、上記額程度の値引きは可能のようです。

「中古車相場について」

発売されてまだ日が浅いこともあり、中古車市場にあまり出回っていないのが現状です。
走行距離が1万km未満の新古車のような車両はありますが、グレードにもよりますが130万~190万円程で販売されています。
まだ中古車が新車に比べて安い印象はありません。

「おすすめオプション3選」

①デカールセット:11,448円(本体価格8,640円+参考取付費2,808円)

カスタムZにしかないオプションなので是非オススメしたいです。
通常のスペーシアに比べ迫力と存在感のあるデザインになっているからこそ専用デカールで個性を際立たせてほしいです。
今回オススメしたのはフロントとリアに貼るものですが、サイド用もあるため4枚貼ればさらにかっこいいこと間違いなしです。

②フロアマット:14,202円~20,142円

定番のオプションではありますが、やはり外せないと思います。
スペーシアは6種類のフロアマットがあり、自分好みのマットを選べるため是非付けてほしいオプションです。
フロアマットがあることで室内が汚れることも防げますし、特に綺麗好きな方やお子様のいる方は付けておいて損はないでしょう。

③ナイトドライブパッケージ:106,272円

こちらは値段は少々高めですが、付いていると圧倒的にかっこいいオプションなのでオススメしました。
ナイトドライブは車内が暗くなりがちですが、これがあれば最高のムードを演出してくれます。
LEDですが間接照明になっているので、やさしい明りが車内を包んでくれます。

「まとめ」

スペーシアカスタムZは専用デザインを増やすことで姉妹車である通常のスペーシアとも他社のライバル車種とも差別化を図ったハイトワゴンの新たな選択肢になりました。
機能性も走りもデザイン性もといったユーザーのわがままを実現した車種ではないでしょうか。
軽ハイトワゴンを検討されている方は是非選択肢の一つに入れて頂きたい一台です。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら