【プロレーサー山口礼】「教えましょう、モテ運転」 第4弾 モテ運転がしたければハンドルを切るな

「教えましょう、モテ運転」 第4弾

みなさんこんにちは。
モテ運転シリーズ第4弾。今回は「ハンドル操作」についてです。

クルマの運転の象徴とも言える操作の1つに、このハンドル操作があります。
運転というのはAT車の場合、足で行うペダル操作と、手で行うハンドル操作の2つしかありません。MT車の場合はこれにギア操作が加わるわけですが、いずれにしても、ハンドル操作というのはクルマの運転の大半を占める作業であり、言わば運転操作の基本中の基本です。

そんな「モテ運転」上も非常に重要な項目ともいえる「ハンドル操作の真髄」を、今回は皆さんに伝授したいと思います。

「ハンドルを切るな」の真の意味とは

今回のコラムの題名を見て、「?」と思った方も多くいらっしゃると思います。
もしかすると、運転に自信のある方の中には、ちょっとピンときた方もいるかもしれませんが、
「ハンドルを切るな」というのは「無駄なハンドル操作を極力無くすべし」という意味です。
ハンドル操作は、クルマの進む方向性を決めるために行います。当然ハンドルを切らないとクルマはただ直進するだけで、そのままだとどこかに衝突してしまうので、ハンドルを切らないわけにはいきません。

では、この必要不可欠とも言えるハンドル操作で「クルマの進む方向に変化を与える」という事は、モテ運転上はどういうことなのでしょうか?
このコラムを愛読しくださっている方はわかりますよね?
そう。
「ハンドルを切る=(方向性の)変化=ストレス=非モテ運転」
という図式が成り立つのです。

「大きいG」が同乗者のストレスになる

ハンドルを切ることで、クルマには横方向のG(加速度)がかかります。カーブを曲がる時に外側に身体か引っ張られる”あの”感覚です。
このGが大きければ大きいほど同乗者にはストレスがかかる、ということです。
しかしハンドルを切らない訳にはいかないので、ハンドルの切り方に少し工夫をしていこうというのが、今回のコラムのポイントとなる訳ですが、ポイントを2つに整理してみました。

ポイント1 無駄なハンドル操作をしない

ひとつ目のポイントは
「無駄なハンドル操作をしない」というものです。

そもそも「無駄なハンドル操作」というのは具体的にどんな操作の事なのかを考ええるために、まずはベーシックなハンドル操作を、順を追って見てみましょう。
①直線でハンドルが真っ直ぐの直進状態
②カーブに差し掛かかり、ハンドルを切っていく
③ハンドルを切る角度が最大になる
④ハンドルを戻していく
⑤ハンドルが真っ直ぐに戻る

この手順の中で、真っ直ぐの状態から→ハンドルを切り→ハンドルを戻すという作業を行いました。
ズバリ、これ意外の操作は全て「ムダなハンドル操作」です。
自分のハンドル操作を思い出してみてください。
切っていく最中にハンドルを小刻みに動かしたり、戻していく操作の途中でカーブを曲がり切れなさそうな気がしてハンドルをもう一度切り足したりしていませんか?
これらのムダな操作を全て無くすように心がけてみてください。

また長いカーブでは、切ったハンドルをむやみに動かさない。ピタッと切ったハンドルが一定の角度で止まっている状態が理想です。
この時にハンドルを小刻みに動かしたりすると、その操作が全てクルマの横方向の揺れにつながり、同乗者はその不安定な動きを漠然と「恐怖感」という名のストレスとして感じるわけです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら