日本の名車【トヨタ マーク Ⅱ】の歴史と中古車価格について

トヨタマークⅡは、1968年から2004年まで製造・販売され、高級車ブームの中、高い人気があり高級車ブームの中心に位置するトヨタマークiiって一体どんな車?今回は性能だけでなく耐久性にも優れていた車を歴史と共に徹底紹介していきます。


トヨタマークiiの特徴

歴史のある高級乗用車

マークiiは、トヨタが製造し販売していた高級セダン型の車で、1968年から2004年まで販売されていました。最初はコロナの高級グレードとして登場し「コロナマークii」といわれていて、クラウンとコロナの中間に位置する車種として登場しました。信頼性や耐久性の高さから、タクシーやハイヤー、教習車として採用されていました。

スポーティーな走りもできるセダン

トヨタのマークiiは、歴代モデルを通して大排気量エンジンが搭載されていました。初代モデルからスポーツモデルグレードが用意されていて、タコメーターやヘッドレストなどが装備されスポーツ車としての味わいを感じさせてくれました。一時期にはトヨタ・スープラと同等エンジンであるJZX100を搭載し500馬力を達成したこともあります。

乗り心地も良いセダン

トヨタマークiiは、歴代を通して大きなボディーが採用され、車内空間が広く高級サスペンションの採用もあって、乗り心地の良い車です。ラゲッジスペースも広く取られていて、大きな荷物も積み込みやすく使いやすい車でした。ドアも4枚ドアがが採用されているため後部座席の人も乗りやすく、使い勝手の良い車両といえるでしょう。

マークiiの歴史

初代マークiiは、コロナの上級車種として「コロナマークii」として1968年に発表されました。排気量は1.6リットルでした。

2代目マークiiは、1972年に発表されましたが、日産のスカイラインGTに対抗するためにボディーが大型化され、M66気筒エンジンを搭載したLシリーズが加わり、マークiiとしては唯一の2ドアクーペがランナップされました。

3代目マークiiは、1976年に登場しマークiiとして初めての3ナンバー車となりました。この時からディーゼル車もラインナップとして加えられ、ヨーロピアンなデザインが採用されています。

4代目マークiiは、1980年に登場しハードトップは廃止され、センターピラーを持つサッシュレスの4ドアハードトップとなりました。

5代目マークii1984年に登場しコロナから独立し「トヨタ・マークii」となり本格的なマークiiとなりました。ボディはセダン・ハードトップ・ワゴンのタイプがありました。

6代目マークiiは、1988年に登場しモデルチェンジのたびにワイド化されていたボディーはこの台にてついに上位クラスのクラウンセダンとサイズが同じになりました。

7代目マークiiは、1992年に登場し、この台から少しボディーが丸くなり始めました。全グレードが3ナンバーとなり、小型車ではなくなりました。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら