ひっそり販売されているホンダのクーペ!

他メーカーでスポーツカー復活の兆しが出てきて、ホンダもS660に続き、NSXも復活させました。


FFクーペと言えばホンダという時代もありました。

ホンダ4輪草創期のS600やS800に設定されていたクローズドボディのクーペモデルを除けば、ホンダのクーペと言えば常にFF(フロントエンジン・前輪駆動)でした。

シビック以前に販売されていたホンダ クーペ9などは重たい空冷エンジンを搭載した超フロントヘビー、超どアンダー、直線番長でしたが最高速度200km/h近く出るというホンダらしいモデルだったのです。

その後一旦は環境問題もあって、真面目に初代シビックのような2BOXセダン、そして3BOXのトランクリッドを持ったノッチバックセダンに、ハッチバックを作っていたホンダでしたが、1978年デビューの初代プレリュードから再びクーペを作り出しました。

FFでもスタイリッシュだったプレリュード

プレリュードと言えば、デートカーとしてヒットした2代目・3代目が有名ですが、初代はわりと走りを意識した硬派なモデルでした。

その後もクイント・インテグラ、レジェンドクーペと作り続け、スポーツクーペというよりはトヨタ ソアラのような2ドアハードトップクーペを得意としていたのです。

中でもプレリュードは、NSX登場以前はホンダ最高級車だった事もあって、4WS(4輪操舵)やABSといった当時最新装備を惜しげなく搭載。

さらに、エンジンを傾けて搭載する事でエンジン高を下げ、まるでミッドシップスポーツかと見まごうような低いボンネットを実現し、そのスタイリッシュさから来る人気は、日産がS13シルビアを登場させるまで続きました。

90年代以降はUSクーペの時代

しかし、90年代に入ると、ただスタイリッシュなだけで実用性に欠け、さらにFRのシルビアや4WDターボのスポーツモデルと比べるとスポーツ用途に向かないホンダのクーペは壊滅。

わずかに3ドアハッチバッククーペのインテグラが残るくらいとなってしまったのです。

しかし、海の向こうアメリカでは、旺盛なクーペ需要がありました。

アメリカでは日本と違い、子供の通学やパート勤めの女性の出勤用に「セレクタリーカー」と呼ばれるクーペが人気を博していました。

日本で言えばゲタ代わりの軽自動車のようなものでしたが、アメリカンサイズとなると、最低でも1.5リッタークラスの2ドアクーペになるのです。

そこに目を向けたのがアメリカホンダで、1988年にアコードクーペを、1992年にはシビッククーペをアメリカホンダ独自車種としてデビューさせます。

日本にも輸入されていましたが、初代シビッククーペが導入されたあたりから、同じくアメリカから輸入されたアメリカ版USアコードワゴンとともに人気となり、一時はカスタムベースとしてちょっとしたブームになりました。

日本では早々に廃盤へ

これらシビッククーペ、アコードクーペは、日本でイメージされる「スポーツクーペ」とは異なり、あくまでゲタ代わり、足代わりのクルマです。

もちろん、チューニングを受けてエンジンをスポーティなDOHC VTECにスワップしたカスタムカーも人気を博しましたが、基本モデルはあくまでベーシックなSOHCの実用エンジンを搭載し、特に目立った性能を持ってはいなかったのです。

それが日本では見掛け倒しに見えたことや、そもそも2ドアクーペよりミニバンやSUVに乗ろうという時代になった事もあり、1990年代中盤には早くもブームは収束、日本ではアコードクーペ、シビッククーペともに、1997年頃には廃止されてしまいました。

北米では平凡なゆえに長寿モデルへ

しかし、北米でのセレクタリーカー需要は無くなったわけではないので、モデルチェンジは続けられ、治安が悪化している地域では車高の高いクロスオーバーSUVが好まれる、などの変化はあったものの、現在でも販売は続いています。

デビューしたばかりの新型シビックにも当然設定されており、これからもスタイリッシュながら手頃なアメリカのアシグルマとして使われ続けるでしょう。

セダンやハッチバックのようにタイプRは設定されませんが、だからこそセレクタリーカーとして人気を保てているのだと思います。

タイプRと間違えられたら、途端に窃盗の対象になりますから、セレクタリーカーとしてはその方が都合が良いのです。

とはいえ!見かけはスタイリッシュなクーペですし、今の日本ではあまり見かけないのも確かですから、まだ日本に輸入されていて右ハンドルがあった事のアコードクーペやシビッククーペの中古車を購入するのも良いでしょう。

B18CやB16AなどDOHC VTECにスワップチューンすれば、走りは良いし目立つしで、なかなか面白い選択だと思いますが、スポーティな小型FFクーペ、いかがですか?

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス事前登録受付中!



通うことで愛車を常に綺麗に保つ

愛車への悩みを解決する手洗い洗車のサブスクが始まります!



事前登録、詳しい内容はこちら↓

洗車サブスクリプション