ピックアップトラックのおすすめ6選!メリットとデメリットについても紹介

4ドアセダンタイプの1種であるピックアップトラップは、アメリカの農場などでT型フォードの後部に荷台を乗せた改造車が発祥とされています。日本では主に商店の配送業務や農家の運搬車として発売されましたが、やがて休日の買い物やドライブにも利用されるようになりました。

ピックアップトラックとは?

日本においてピックアットラックは、セダンと同様に車体の前部にボンネットを有するトラックと言われていますが、車検証では車室と荷台が一体化したものを「ピックアップ」、別々のものを「ボンネット」と分類しています。アメリカ発祥のピックアップトラックは、その後のジープなどのオフロード4輪駆動車に繋がり、さらにラダーフレーム構造のクロカン車やモノコック構造のクロスオーバーSUVの発展に繫がっています。

ピックアップトラックは中型車扱いになる

ピックアップトラックとは、セダン型の車席を持ち天井のない荷台を備えた小型の貨物自動車をいい、中型車の扱いになります。ピックアップトラックは、座席のシート配列によって大きくシングルキャブ(1列シート2人乗り)、スペースキャブ(1列シート+荷物スペース)、ダブルキャブ(2列シート4人乗り)の3つのタイプに分類されています。

ピックアップトラックおすすめ6選

最近になってSUVの人気が高まってきたことをきっかけとして、2017年にトヨタが国内でハイラックスの生産を復活させていることから、ここでは世界で著名なクラスのピックアットラックおすすめ6選を紹介いたします。日本ではピックアップ自動車の人気が低迷し一時は国内自動車メーカーのカタログからピックアップトラックが姿を消しましたが、最近は新車・並行輸入車・中古車を問わず人気が高まっているといわれています。

おすすめ1:トヨタ「ハイラックス」

ピックアップトラックおすすめの1つ目は、2017年から日本仕様としてタイから輸入されているトヨタのピックアップトラック「ハイラックス」です。おすすめのハイラックスは、ベーシックのXと装備が充実したZの2種類であり、いずれも1ナンバーであり、3ナンバー車に比べて自動車税などが安くてお得です。装備的にはLEDヘッドライト・本革シート・オートドアロックが搭載され、エクステリアも大幅に品質向上を果たしているところがおすすめです。

おすすめ2:トヨタ「タンドラ」

ピックアップトラックおすすめの2つ目は、日本から輸出していたT100の後継車として1999年から北米トヨタのインディアナ工場で製造・販売しているトヨタ「タンドラ」です。おすすめのタンドラのネーミングは、北極圏の凍原を意味する「ツンドラ」の英語読みです。ちなみに、タンドラとプラットホームを共有している車種には、フルサイズSUVセコイアがあります。

おすすめ3:シボレー「アバランチ」

ピックアップトラックおすすめの3つ目は、アメリカの自動車メーカーであるゼネラルモーター(GM)が製造・販売しているフルサイズピックアップトラック(SUT)のシボレー・アバランチです。おすすめのアバランチは、シボレー・サバーバン(USV)をベースにしてアレンジした車種です。なお、アバランチ最大のおすすめポイントは、車室と荷台を仕切るミッドゲート(可動パネル)を設置していることです。

おすすめ4:ホンダ「リッジライン」

ピックアップトラックおすすめの4つ目は、ホンダアメリカのアラバマ工場で製造・販売している中型スポーツユーティリティトラック(SUT)のリッジラインです。おすすめのホンダ・リッジラインは、競合する他車との競争力を高めるためFF仕様を採用しています。また、多様な環境下においても更なる走行性能とけん引能力を高めるため、新たな電子制御4輪駆動システム(i-VTM4)を採用しています。

おすすめ5:日産「フロンティア」

ピックアップトラックおすすめの5つ目は、メキシコ工場で製造・販売されている国外向け用のピックアップトラックのフロンティアです。おすすめの新型フロンティアは、2015年からメキシコ工場で生産を開始していますが、数年前からタイで生産している日産「NP300 ナバラ」と同型車です。ちなみに、現地メキシコでの車名は「NP300フロンティア」で販売されています。

おすすめ6:フォード「F-150」

ピックアップトラックおすすめの6つ目は、フォード社がトラック部門で世界トップクラスの販売台数を誇っているフルサイズピックアップトラックのF-150です。おすすめのフォードのピックアップトラック・F-150は、経営難のフォード社の屋台骨を支える車種といわれていますが、車両総重量などによっては、普通免許で運転できない場合がありますので注意が必要です。

ピックアップトラックのメリット3つ

最近は、ピックアップトラックがビジネスマンや主婦層から高い支持を受けていますが、ここではピックアップトラックの3つのメリットについてご紹介いたします。ピックアップトラックは、アウトドアライフやスポーツを楽しんだり、DIYショップで材料などを買い物したり、山岳道路のドライブを楽しんだり、乗用車では味わえない楽しみ方があります。

メリット1:荷台が広い

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら