首都高の黒いポルシェ930ターボ、ブラックバードは架空の存在か?

自動車バトル漫画の皮をかぶった哲学漫画、湾岸ミッドナイト

1990年に連載開始から、2017年2月の時点で続編を含めて27年続いています。

「湾岸ミッドナイト」とその続編「C1ランナー」、続々編「銀灰のスピードスター」「首都高SPL-銀灰のSPEEDSTER-」(いずれも楠みちはる作)。

首都高速道路を中心に、そこで夜毎繰り広げられる違法な公道バトルと、それを取り巻く人々それぞれの車に対する哲学を描いた漫画です。

もちろん公道バトルそのものは違法行為に違いありませんが、その一点を除けば登場人物たちの車に対する想いは真剣かつ哲学的で、「単純な勝ち負けの問題」ではないからこそ、長年支持されてきたと言えます。

最近の自動車を取り巻く環境は、哲学とは正反対の合理的な話題が多いですから、車に熱い想いを持つ人間にとっては魅力なんですね。

その作中に登場する車の1台がまた、さまざまな人間による想いの詰まった1台、930型ポルシェ 911「ブラックバード」です。

湾岸線の黒い怪鳥、ブラックバード

連載初期から主人公車の「悪魔のZ」こと日産S30型フェアレディZに対する永遠のライバルのように幾度も登場するのが、ポルシェ911で首都高湾岸線を夜な夜な高速で駆け抜ける「黒い怪鳥、ブラックバード」。

その名の通り漆黒のポルシェ911ターボで、初期は930型でしたが、連載途中から964型に変わっています。

悪魔のZに対抗すべく「もう車検を取れなくなるのを覚悟で」パイプフレーム化およびカーボンボディによる超軽量仕様となり、残り1年ほど(次の車検まで)の寿命を燃やし尽くすはずでしたが、なぜか現在の続編まで健在。

もしかすると、途中で別な個体に入れ替わって存続しているのかもしれません。

パイプフレーム仕様にしたところ、前後の重量バランスが激しく狂い、超高速走行時はフロントタイヤがほとんど浮いている危険な状態だったことから、中身だけやはり別の930に入れ替えたとしても不思議では無いでしょう。

なお、続編「C1ランナー」以降は元々のオーナーから借りたような形でドライバーが変わっており、フルラッピングで全面シルバーのボディに変わっているため、中身はともかく見た目は「ブラックバード」ではありません。

 

ブラックバードにはモデルがいた?


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら