開けてビックリ!ダイハツ久々のオリジナル大衆車、シャルマン

トヨタ傘下で一度はオリジナル乗用車を廃止したダイハツ

「ダイハツが久しぶりに新型車を投入するらしい」というニュースは、当時の自動車業界に驚きをもって迎え入れられました。 日産に吸収されたプリンスや傘下入りして下請け企業となったコニー(愛知機械工業)、トヨタ傘下となって同社の下請けおよびバス / トラックメーカーとなった日野自動車のように、ダイハツもいずれトヨタの単なる下請けになると思われていたのかもしれません。 実際、かつてダイハツオリジナルで旧態然とした別体式フレーム構造ながら、イタリアン風の美しいデザインのボディをまとい、オープンカーからピックアップトラックまでさまざまなバリエーションを誇った800~1,000cc級乗用車、コンパーノは廃止されていました。 1969年にコンパーノ廃止後、ダイハツディーラーで販売されていた軽自動車以外の乗用車はコンソルテがありましたが、ダイハツ製エンジン搭載モデルもあったとはいえ、基本的にトヨタ パブリカ(2代目)のOEM供給モデルだったのです。 一度乗用車生産から撤退したメーカーが繰り出す新型車とは何なのか、業界関係者は固唾を飲んでその発表を待ちました。

ダイハツ5年ぶりの新型車、シャルマン

発表された新型車がまた、驚きの車でした。 ダイハツ5年ぶりの新型車、シャルマン。 それは何と、1970年に登場したトヨタ20系カローラ(初代カローラレビン / スプリンタートレノが設定された代)のシャシーを使い、ダイハツオリジナルのボディをまとった車だったのです。 同時期、カローラは3代目の30系へモデルチェンジされていましたが、1.2リッターエンジン搭載型のみ「カローラ20(ニーマル)」の名称でセダンとバンが継続生産されることになっていました。 一回り幅広く大きくなった30系カローラとパブリカの中間に当たるモデルとして、同クラスの日産チェリーに対抗しようということだったのでしょうか。 後にトヨタはハイブリッドカーのホンダ インサイト(2代目)登場時にも、モデルチェンジで一回り大きくなった30系プリウスの下で、安価なインサイト対抗車種として20系プリウスを「プリウスEX」として継続販売します。 それと同じようなことを、35年前にもやっていたのでした。 カローラ20の継続販売だけではなく、そのシャシーを使って傘下のダイハツ工業に新型車開発を許したという点で、日本の自動車界の中でも特異な出来事だったかもしれません。

カローラ20を基本としながら、1クラス上の上質感


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら