アメ車のおすすめ6選をご紹介!アメ車の魅力についても知ろう!

アメ車の代表的なスポーツカーがChevrolet「Corvette」(シボレー・コルベット)です。シボレーはGM(ゼネラルモーターズ)のブランドです。初代モデルは1954年に製造され、そこから現行モデルになるまで、ずっとこだわりを持って存在し続けている車なのでおすすめです。このクルマは、スポーツカーの歴史を考えたとき、絶対に外せない名車ではないでしょうか。

おすすめのアメ車4:FORD「Mustang」

おすすめのアメ車と言えば、FORD「Mustang」(フォード・マスタング)も挙げられるのではないでしょうか。過去にこの車の影響を受けた日本車もあると言われるくらい、アメ車の中でもとくに人気の車種です。今でもアメ車らしさを感じられるフォードの名車ですが、2016年にフォードが日本市場から撤退したことでマスタングの正規輸入は無くなってしまいました。しかし、日本のマスタングファンにとっては現在でも並行輸入をして入手するほどのクルマとなっています。

おすすめのアメ車5:CHRYSLER「300」

おすすめのアメ車の中にCHRYSLER(クライスラー)「300」があります。CHRYSLERを代表するセダンとも言われ、日本での車名は「300C」となっています。CHRYSLER(クライスラー)300は、ラグジュアリー度が高く、車としての完成度も高い車種と言えるでしょう。

おすすめのアメ車6:CHEVROLET 「CAMARO」

人気があっておすすめのアメ車と言えば、エキサイティングなCHEVROLET 「CAMARO」(シボレー・カマロ)です。日本車や欧州車にはあまりないタイプのモデルです。パワフルな走りを思う存分堪能することができるCHEVROLET 「CAMARO」は、おすすめのアメリカ車です。

従来のアメ車のデメリット

昔のアメ車の悪い点は、そのイメージからくるところがあります。ビッグサイズなので、当然のように維持費がかかってしまいます。しかし、このアメ車ならではの大きなサイズやパワーに魅力を感じている人も多いのです。最近のアメ車はダウンサイジングが進んでいますが、同時にアメ車の魅力的なおすすめポイントが目立たなくなっているとも言えるのではないでしょうか。昔ながらのアメ車が欲しいという人はこのデメリットを把握した上で購入を検討した方が良さそうです。

燃費が悪い

アメ車は大きなエンジンで大排気量なので、燃費も当然悪くなります。日本ではどうしても燃費が悪いというのはデメリットになってしまいます。しかし、最近のアメ車はアメリカ国内以外のマーケットも意識しています。多様化しているので燃費がそれほど悪くないモデルも販売されています。

サイズが日本の道路事情に合わない

日本には昔からアメ車が大好きな人たちがいますが、一般的には車体が巨体と言えるサイズで、パワーもあり過ぎるくらいなのでアメ車の多くが日本の道路事情にマッチしていませんでした。また、日本では駐車スペースの確保も難しく、家の前の道路も狭い場所があるので、アメ車の良さがデメリットになっている場合があるとも言えます。

憧れのアメ車を購入しよう!

最近のアメ車は、象徴だったV8エンジンではなく、ダウンサイジングのエンジンを搭載している車種が増えています。燃費も向上していて、洗練されたイメージのアメ車も登場しているのでチェックしてみましょう。憧れの大排気量アメ車もまだまだ存在しているので、中古車も含めて購入することを検討してみてください。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら