三菱自動車はアウトドアがお好き?名車と歴史

自動車を購入するとき、好きな自動車メーカーやスペックを気にしてみたり好みのデザインのものを購入したりすると思います。しかしほとんどの場合は車を購入する際にどのメーカーの車を選べばいいかわからないそんな人が多いかもしれません。初めて車を購入する方や車についてあまり知識のない方は特にわかりにくいように感じている人が多いと思われます。各自動車メーカーの生産している製品はさまざまな特徴があります。歴史も深くメーカーの歩んできた道を知ることでどのような車を世に送り出してきたのかがわかります。その各社持ち合わせている特徴を吟味し、消費者のライフスタイルに合った車を選び購入することで初めていい買い物ができるのではないかと考えています。今回は数多くの自動車メーカーの中から三菱自動車について紹介していきたいと思います。

三菱自動車とはどんな企業?

三菱自動車は日本の自動車メーカーの一つです。1970年に三菱重工業から独立し現在の三菱自動車となりました。2016年からは日産が筆頭株主となり、日産自動車とルノーとの間でアライアンスを構築しています。

三菱自動車設立からの歩み

三菱の創業は土佐藩が大阪で経営していた九十九商会をその時藩士であった岩崎弥太郎がが買い付け個人企業としたのが始まりです。その後九十九商会は三菱商会と改名し海運業と商事を中心に事業を展開していきました。現在の三菱自動車前身となる企業は三菱自動車とクライスラー社との合併会社として始まりました。その後1992年までクライスラー社と資本提携を結んでいました。2000年からはダイムラー・クライスラーと資本提携をしますが5年で解消となり、技術的な提携は2009年まで行われていました。

三菱自動車が生み出した名車

三菱自動車が誕生してから長い年月が経ちましたがその中で数々の名車と呼ばれる車が誕生していきました。三菱自動車ならではのルックスや力強い4WDが特徴の名車が生まれてきました。そんな数々の名車の中から一部抜き出して紹介していきたいと思います。

三菱・パジェロ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%8F%B1%E3%83%BB%E3%83%91%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%AD

三菱・パジェロは1990年代に起きたRVブームで大きく販売台数を伸ばし、その名を世間に広く認知させることとなりました。パジェロの由来はアルゼンチンに生息するヤマネコのパジェロキャットから取ったもので野生的なイメージと美しさを調和させる願いを込めて命名されました。この三菱・パジェロはダカール・ラリーで数多く参戦し優勝するなど好成績を収めています。軽自動車規格のパジェロミニが販売されており、そのDNAをしっかり引き継いだ自動車となっています。

三菱・GTO

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%8F%B1%E3%83%BBGTO

三菱・GTOは1990年から市販された4WDスポーツカーです。三菱・GTOは北米を意識したGTカーとして企画された自動車であり、直線道路を余裕を持って走ることのできる性能を備えるためにトルクのある自動車でした。またその性能の高さから高速隊のパトカーとして前期、中期、後期モデルが投入されていたことがありました。レースでは最高峰のクラス1で最強と呼ばれていたスカイラインGT-Rの対抗馬として活躍していました。また重量が重いながらGT-Rと互角に勝負していた経歴がありました。

三菱・ランサーエボリューション

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%8F%B1%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%9C%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

三菱・ランサーエボリューションは三菱自動車工業が生産、販売していたセダン型のスポーツカーです。三菱・ランサーエボリューションはWRCホモロゲーション獲得のために三菱の販売する普通自動車のランサーに2,000ccハイパワーターボエンジンを搭載した挑戦的な車でした。この車は三菱自動車のイメージリーダーとして活躍していました。初代ランサーエボリューションはホモロゲーション獲得のために急遽開発された車であり、十分なテストをできず発売された車なのでアンダーステアが強い特徴を持っています。そのため販売するには問題のある車であり、宣伝広告は一切されませんでした。そのため2,500台という少ない台数が用意されディーラーで紹介しない姿勢を見せていましたが予約分で売り切れるほど人気のある車でした。

三菱・スタリオン

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%8F%B1%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3

三菱・スタリオンは三菱自動車工業が生産していたFR方式のクーペです。スタリオンのボディデザインは角ばっており、アメリカ市場を意識したものです。またスタリオンのデザインにセレステⅡのプロトタイプデザインが大きく影響を与えたとされています。またスタリオンはモータースポーツでも優秀な成績を残しています。スタリオンは24時間耐久レースを制していたり、4WDラリーでも活躍しその技術はランサーエボリューションでも活かされています。

三菱自動車の魅力はどんなところ?

三菱自動車は世界を代表する自動車メーカーですがなぜここまで世界的に人気のある自動車メーカーに成長してきたのでしょうか。その人気の裏には何か魅力があるからこそ支持されているのかもしれません。

アウトドア向けのラインナップ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%8F%B1%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%97%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9

現在の三菱自動車はアウトドア向けのラインナップが強い印象です。中でもSUVに力を入れており、悪路でも安心して運転することができます。三菱自動車の強みでもある4WDは他のメーカーと比べても性能が高いのが特徴です。一時期三菱自動車の4WDは曲がらないと言われていましたが今の4WDは雪道などの悪路でしっかりと曲がる4WDとなっていて車を操る楽しみを味わえます。また本格的な悪路を想定した自動車が多く、性能もさることながら耐久性能も高いものが多いです。

モータースポーツでの実績

モータースポーツでは自動車の性能を最大限に発揮することができ、車の耐久性能もわかります。三菱自動車工業はモータースポーツで優秀な功績を数多く残しており、一時はモータースポーツから撤退していた三菱自動車でしたが2019年のダカール・ラリーに参加することが決まっており再び三菱自動車の活躍が見れそうです。また、このモータースポーツの参戦によって今後さまざまな自動車が開発、販売されることを期待していきたいです。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』