【自動車豆知識】AピラーのAってなに?名称の意味とその役割とは

続いて後部座席と荷室の間にあるピラーがCピラー。高級車になるとこのピラーが太くなり、後部座席の完璧な安全性を確保しています。一般的に小型乗用車やコンパクトカーと言われるカテゴリーの車はこのCピラーまでの車がほとんどです。

Dピラー

Dピラーは車体後部にあるピラーです。ステーションワゴンやミニバンくらいの大きさになると、多くの車がDピラーを着けています。Dピラーは一番前にあるAピラーとは違い、太くしても問題ないため最近のデザインを重視している車はわざと太くし、そこに色を付けて個性を出している車もありますね。

最近増えているピラーレス車

そんなピラーですが、最近では助手席側のBピラーがないピラーレス車というものが増えています。ピラーレス車のメリットは何なのでしょうか。そして肝心の安全面は大丈夫なのでしょうか。

ピラーレス車のメリット

https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/img04_interior/main01.jpg

ピラーレス車のメリットは何と言っても乗降のしやすさです。助手席と後部座席の間に柱がないだけでこんなに変わるのかとびっくりします。さらに、ピラーレスだと開放感があるため、車の中がまるで一つの部屋になったかのような感覚になります。乗り降りのしやすさと開放感は小さな子供のいる家庭や家族用で車を買うにあたっては重要な要素ですね。

安全面は大丈夫?

実はピラーレス車と言っても完全にBピラーをなくしたわけではありません。あるにはあります。ただ、助手席の後ろにあるのではなく、スライドドアと一体になっているのです。なくなっているわけではないのでボディの安全性はしっかりと確保されています。しかし、スライドドアと一体型のピラーレスの構造は製造するのに手間がかかるので価格は少し高くなってしまいます。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら