4ナンバーとは?車取得の条件5つ|4ナンバーのメリットとデメリット

車の分類番号である4ナンバーをご存知でしょうか。この記事では4ナンバーの自動車の取得の条件や、4ナンバーのメリットやデメリットなどを紹介しますので、4ナンバーの自動車の取得を検討している方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。 

4ナンバーとは?

4ナンバーとは小型の貨物車に割り振られるナンバーです。車のナンバーには0番から9番までの分類番号が割り当てられており、車のナンバープレートの上部に記載された3桁の数字の1桁目を見ることで番号がわかるようになっています。また、分類番号は番号によってかかる費用が異なりますが、4ナンバーは維持費が安いことで知られています。ここでは4ナンバーの条件や維持費について紹介していきます。

4ナンバーの車を取得する為5つの条件

4ナンバーの車はどのように取得すればよいのでしょうか。3ナンバーや5ナンバーの自動車が一般的な移動手段として用いられるのに対して、4ナンバーは貨物用の車となっています。そのため、4ナンバーの自動車を取得するには特定の条件を満たす必要があります。ここでは、維持費の安い4ナンバーの車を取得するための5つの条件を紹介します。

4ナンバーの車を取得する為の条件1:荷室の床面積が1㎡以上

4ナンバーの車を取得するには、物品の積載設備の床面積が1㎡以上あるという条件があります。4ナンバーは物の輸送を目的とした自動車にあたるため、物品積載設備、つまり積載できる荷室の最大利用時の床面積が1㎡以上あるという条件が課せられています。たとえば、よく運送業で利用されているようなバンやトラックなどが4ナンバーに該当します。これらの車両も維持費が安いとされています。

最大に利用した場合において物品積載設備の床面積(注2)が1m2(軽自動車にあっては、0.6m2、二輪の自動車でけん引される被けん引自動車にあっては、0.2m2)以上

http://www.mlit.go.jp/jidosha/kensatoroku/kensa/kns07_1.htm

4ナンバーの車を取得する為の条件2:運転席と荷室スペースに壁・仕切りがある

 

4ナンバーの車を取得するには、運転席のシートと荷室スペースに仕切りを備えているという条件があります。4ナンバーの自動車は、一般的な人が移動するために利用する自動車の形状と異なり、乗車設備部分と物品積載施設との間に保護仕切りなどの仕切りや壁がある必要があります。トラックのように前方に運転席と助手席があり、後方は全て積載スペースになっている形状がわかりやすいでしょう。

乗車設備と物品積載設備との間に適当な隔壁又は保護仕切等を備えたもの

http://www.mlit.go.jp/jidosha/kensatoroku/kensa/kns07_1.htm

4ナンバーの車を取得する為の条件3:後部座席より荷室スペースが広い

4ナンバーの車を取得するには、乗車設備部分よりも荷室スペースが大きい必要があります。4ナンバーの車には、後部座席よりも荷室スペースが広いという条件があります。そのため、トラックのように後部座席がない形状の車だけでなく、バンのように後部座席があっても、後部の乗車スペースより物品積載設備が広い場合には4ナンバーの条件を満たします。

最大に利用した場合において、残された物品積載設備の床面積が、この場合の乗車設備の床面積(注4)より大きい

http://www.mlit.go.jp/jidosha/kensatoroku/kensa/kns07_1.htm

4ナンバーの車を取得する為の条件4:定員まで人が乗った場合の重さより物品積載重量の方が重い

4ナンバーの車を取得するには、車に定員まで人が乗った場合よりも、荷物を載せられる重量の方が大きい必要があります。4ナンバーの自動車は、人の移動用ではなく、あくまで荷物の輸送を目的としています。そのため、最大まで人が乗っても、荷物を載せた場合より軽いという条件があります。また、人の重量の計算する場合は、一人あたり55キロとして計算します。

最大に利用した場合において、残された物品積載設備に積載し得る貨物の重量(注5)が、この場合の乗車設備に乗車し得る人員の重量より大きいhttp://www.mlit.go.jp/jidosha/kensatoroku/kensa/kns07_1.htm

4ナンバーの車を取得する為の条件5:ドアの寸法が横800㎜、高さ800㎜以上ある

4ナンバーの車を取得するには、ドアの寸法が横800mm、高さ800mm以上ある必要があります。4ナンバーは貨物自動車にあたるため、物品の積卸を行う後ろのドアを開けた時の入口部分の寸法が一般的な車両よりも大きいという条件があります。ただし、トラックには後部座席はないため、この条件は除かれます。

側面又は後面に開口部の縦及び横の有効長さがそれぞれ800mm(軽自動車にあっては、縦600mm横800mm)
http://www.mlit.go.jp/jidosha/kensatoroku/kensa/kns07_1.htm

4ナンバーの車検でかかる費用4つ


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら