ピクシススペースは魅力7つ|ピクシススペースの中古車価格相場は?

トヨタのピクシススペースとはどんな車なのでしょうか。トヨタの軽自動車と言われてすぐにイメージが浮かばないという方にも魅力が伝わるよう、ピクシススペースの特徴をご紹介します。また、中古購入をする際のポイントなどについてもご紹介します。

トヨタのピクシススペースとはどんな車?

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/9/96/Toyota_Pixis_2.jpg/1024px-Toyota_Pixis_2.jpg

ピクシススペースとは、2011年にトヨタ初の軽自動車として誕生した車です。スクエアスタイルのコンパクトな車体が特徴的で、カラーバリエーションも豊富なピクシススペースですが、現在は販売を終了しており、後継と言えるピクシスジョイという車種がトヨタから販売されています。トヨタのピクシススペースを購入したい場合は、新車での販売は行われていないため中古での購入となります。

基本性能

ピクシススペースは軽自動車の強みを活かし、小回り性に優れた取り回しのしやすい車です。グレードによって若干差はありますが、最小回転半径が4.5~4.7mとなっており、運転に苦手意識がある方の不安要素となりがちな、車庫入れや縦列駐車などもスムーズに行えるでしょう。軽自動車ではありますが、ラゲッジスペースもドアが大きく開くように設計されているため、ファミリーユーズにも便利です。

駆動方式 FF,フルタイム4WD
最大トルク X,L,カスタム G,カスタム X:60N・m/5,200r.p.m.
カスタム RS:92N・m/4,000r.p.m.
最高速
排気量 658cc

トヨタのピクシススペースのグレード3つ

トヨタのピクシススペースはいくつかのグレードに分かれていますが、いずれも排気量やシフトについては共通です。また、駆動方式については、全グレードでFFと4WDの2種類が設定されています。主に内装など装備の部分で、グレードごとに特徴がありますので、購入を検討する際はグレートにも注目してみると良いでしょう。

ここでは、トヨタのピクシススペースのグレードを3種類ご紹介します。

  • カスタムX
  • カスタムG
  • カスタムRS

ピクシススペースのグレード1:カスタムX

ピクシススペースのグレード1つ目が、カスタムXです。カスタムXは、通常のXと比べてフロントフォグランプやリアワイパーが標準装備であることや、サイドが低重心で存在感のあるシルエットになっていることが特徴です。通常のX、Lのボディが温かみのあるモダンなカラーバリエーションなのに対して、カスタムXをはじめとするカスタム系グレードについては、落ち着いたクールな印象の系統となっています。

ピクシススペースのグレード2:カスタムG

ピクシススペースのグレード2つ目が、カスタムGです。カスタムGは、インテリアの面で高級感のある本革巻きのステアリングが採用されていることや、アルミホイールが14インチ標準となっていることが特徴です。落ち着いた印象の内装を求める際には、カスタムGの革製ステアリングがおすすめです。

ピクシススペースのグレード3:カスタムRS

ピクシススペースのグレード3つ目が、カスタムRSです。カスタムRSは、排気量はその他のグレードと変わらないものの、エンジンがインタークーラーターボ付となっていることが特徴です。そのため、最高出力が64ps(47kW)/6400rpm、最大トルク 9.4kg・m(92N・m)/4000rpmと他グレードに比べてアップしており、その分燃費については少し劣ります。

ピクシススペースの魅力7つ

トヨタのピクシススペースは、グレードやカラーバリエーションを自分で選ぶことができるため、シンプルであたたかいイメージが好きな方にも、落ち着いたクール系が好きな方にもおすすめできる1台です。ピクシススペースには他にも、インテリアや装備の工夫など魅力が詰まっています。ここでは、トヨタのピクシススペースの魅力を7つご紹介します。

魅力1:ムーヴコンテのOEM車である

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/7/74/Daihatsu_Move_Conte_01.JPG/1280px-Daihatsu_Move_Conte_01.JPG

ピクシススペースの魅力1つ目は、ムーヴコンテのOEM車であることです。ムーヴコンテは、ダイハツから販売されていたムーヴシリーズのトールワゴン型軽自動車です。それまで軽自動車の取り扱いがなかったトヨタが、軽自動車を求めるユーザーの声に応えた形になったと言えるでしょう。エンブレムがトヨタである以外はほぼムーヴコンテと同一で、ダイハツの積み上げてきた技術をトヨタブランドで買えるというユニークな魅力があります。

魅力2:グレードによる装備パターンの違いがある

ピクシススペースの魅力2つ目が、グレードによる装備パターンの違いがあることです。広い室内空間や充実した収納機能は共通ですが、使い方や普段よく走る道に合わせて、FFか4DWかを選ぶことができます。また、スッキリした印象が好みであればLやX、迫力のあるフロントビューが希望であればエアロのついたカスタムグレード、というように、好みに合わせてパターンを選ぶことができます。

魅力3:運転席からの見切りが良い

ピクシススペースの魅力3つ目は、運転席からの見切りが良いことです。ピクシススペースは、四角を基調としたスクエアフォルムが特徴的で、直線で構成された大きなフロントガラス面が開けた視界に繋がります。特に、運転に不慣れな方や、苦手意識がある方は、周囲の状況がよく見えることで安心感が得られるでしょう。小回りも利きますので、初心者の方にもおすすめです。

魅力4:内装が広い

ピクシススペースの魅力4つ目が、内装が広いことです。ピクシススペースの形状は、トールワゴンというタイプになります。トールワゴンは、車体の背が高く、その分室内の空間を広く利用できるのが魅力です。人が乗車する際だけでなく、大きめの荷物を乗せる際にも、リヤのシートを前に倒すことで効率よくスペースを確保できて便利です。

魅力5:使いやすい収納類が多数ある

ピクシススペースの魅力5つ目が、使いやすい収納類が多数あることです。ピクシススペースの室内は、限られた空間を存分に使えるように、インパネのセンターとロアにそれぞれ収納ボックスが配置されていたり、アームレストもボックス仕様になっていたりと多数の収納が用意されています。買ったものを引っ掛けておける買い物フックもついているので、食材や日用品の買い出しの際などにも便利です。

魅力6:エンジンノイズを低減している

ピクシススペースの魅力6つ目が、エンジンノイズを低減していることです。小回りが利いて気軽に出かけることができるピクシススペースは、静粛性にも優れており、エンジンから出る吸気の音などが低減されるよう、防音材を使用した工夫が施されています。家族や友達とのドライブの際も、室内でエンジンノイズによるストレスを感じることなく会話を楽しむことができるでしょう。

魅力7:デザイナーが手掛けたソファシート

ピクシススペースの魅力7つ目は、デザイナーが手掛けたソファシートです。くつろげる室内を目指してデザインされたボリューム感のあるソファシートは、運転時に心地よいだけでなく、休憩したいときにも役に立ちます。ヘッドレストを外してリクライニングすることで、ロングソファのように足を伸ばして利用する事が可能です。移動時も休憩時も快適に過ごすことができるところも、トヨタのピクシススペースの魅力のひとつです。

ピクシススペースの中古車価格相場

トヨタのピクシススペースの中古車価格相場は、30万円台から130万円近くまで幅広い傾向にあります。中古市場に出回っている台数は多い方ですが、トヨタでの販売を終了してからまだあまり年数が経っていないため、走行距離が短く年式も新しいものについては、販売当時の価格から大きくは下がっていない状態と言えます。

ピクシススペースの中古車の選び方

ピクシススペースの中古車を選ぶ際のポイントとして、まずは年式と車検の状態を確認しましょう。トヨタのピクシススペースは2017年の1月で現行販売を終了した車種ですので、販売終了年に近い車ほど新しい車だと言えます。走行距離や車両の状態は、年式だけではわからない部分もありますが、目安として参考にできるでしょう。車検についても、費用の面を考えるとなるべく長く車検期間が残っているものを選ぶのがおすすめです。

トヨタのピクシススペースの中古車を買うなら今!

トヨタのピクシススペースは、それまで軽自動車の取り扱いがなかったトヨタから、低価格・低燃費を求めるユーザーのニーズに応えるべく誕生した、期待の込められた1台と言えるでしょう。トヨタからの販売ではありますが、ダイハツ「ムーヴコンテ」のOEM車であることで、ちょっとしたレア感も味わえます。気になった方は、中古車市場に気に入る条件のピクシススペースがあるか探してみるのもおすすめです。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら