フェラーリvsランボルギーニ 創業時からお互いライバル視する二社を比較!

スーパーカーと言えば?で必ず思いつく車と言っても過言ではないのがフェラーリとランボルギーニ。子供の頃から憧れの車であるという人は少なくないでしょう。そんな二社ですがお互いが同じカテゴリーの車を作っていること、そして同じイタリア発祥のメーカーということもあってお互いをライバル視している二社でもあります。そこで今回は、そんなフェラーリとランボルギーニの二社を比較していきたいと思います。

ランボルギーニはフェラーリからの対抗心で出来たメーカー?

実は、二つのメーカーのライバルの歴史はランボルギーニが出来た理由から始まっているとも言われています。まずは両メーカーの創業の歴史について紹介していきます。

両者の創業

フェラーリ

フェラーリが設立されたのが1947年。エンツォ・フェラーリの手によって設立されました。エンツォ・フェラーリは元々アルファロメオ専属のレーサーとして活躍していましたが、息子が生まれると同時にレーサーを辞めてディーラーの業務に周りました。しかし、ある時アルファロメオの経営陣と衝突しアルファロメオを退社することになります。退社したエンツォ ・フェラーリは自身で「アウト・アヴィオ・コルトルツィオーニ」という自動車会社を設立しレースマシンの生産を始めました。しかし、そこで生産したマシンがレースで好成績を残し始めた頃、イタリアが第二次世界大戦に参戦したため、しばらくモータースポーツが禁止されレースマシンの生産ができなくなってしまいます。その後、1945年に第二次世界大戦が終結すると再びエンツォ ・フェラーリは車の生産を開始しますが、この時に新しく「フェラーリ」という会社を設立し、そこでアルファロメオでエンジンの設計をしていたジョアッキーノ・コロンボと共にレースマシンの開発を始めました。ここからフェラーリの歴史は始まっていきます。

ランボルギーニ

一方のランボルギーニが創業し始めたのが1962年。フェラーリが創業し始めてから15年も後のことです。その頃はイタリアを走っている車のほとんどをフェラーリが占めており、当時トラクター業を営んでいたフェルッツィオ・ランボルギーニも当然のようにフェラーリに乗っていました。そんなある日、乗っていたフェラーリが故障を起こしてしまいます。故障はよくあるため、それ自体は大した問題ではありませんでした。しかし問題なのはその先で、壊れたフェラーリを自分の工場で修理しようと分解してみると、フェラーリの内部に自分の生産しているトラクターの部品が使われていたのです。これに憤怒したフェルッツィオ・ランボルギーニは、フェラーリなんかに負けない車を作ろうとトラクター業から一転し自動車の生産を始めました。このエピソードが本当の話なのかどうかは定かになっていませんが、フェラーリとランボルギーニの関係をよく表しています。

フェラーリとランボルギー二、何が異なるのか

時代の流れに合わせて姿を変えるフェラーリと形を崩さないランボルギー二

フェラーリ


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら