ハコスカ、ケンメリ、ジャパン、鉄仮面、ニューマン〜愛称で呼ばれ続ける車・スカイライン〜

クルマにもそんな呪文のような略語がありますよということをお伝えしたく、今回は車名の愛称に関する略語のご紹介です。


何代にもわたるクルマは、車名で呼ばない事が多い

クルマにあまり興味が無い人からすると、「このクルマ何?」と聞かれたら迷わず車名を答えると思います。

付け加えるとしても、せいぜいグレード名や、4WDかどうかくらいでしょうか。

ただし、クルマ好きともなると車名に加えて型式名や愛称で呼んだり、ひどい時には車名をすっとばす事もしばしばです。

車名があるんだから、何でわざわざ型式や愛称で呼ぶのか…と言えば、同じ名前でもその代のクルマと、先代や次の代、別な代のクルマは、オーナーからすれば全く別なクルマだからです。

2代続いた段階でその傾向が出てきますから国産車では1代限りで終わらない限りほとんどのクルマにそうした呼び方が略語や愛称として存在します。

メジャーなものからマニアックなものまで、いくつか紹介しましょう。

型式で呼ばれるクルマの代表「ハチロク」(ただし33年前の方です)

日本車の中でも型式で呼ばれるクルマの代表といえばトヨタの「ハチロク」でしょう。

ええ、FT86というFRスポーツクーペがありますね。

違います。

ソッチではなくて、1983年デビューの「AE86」という型式のクルマの方です。

ドリフト漫画・アニメとして有名な「頭文字(イニシャル)D」で「ハチロク」として一般人への知名度も高まったもので、「ハチロク」というクルマと思い込んでいる人もいるかと思いますが、正式な車名は「カローラレビン」および「スプリンタートレノ」。

同じ型式で名前が2つあるのは、トヨタカローラ店で販売していた「カローラレビン」と、トヨタオート店(現在のネッツ店)で販売していた「スプリンタートレノ」で外装を別々にしてそれぞれの販売店で販売していたためです。

このように「兄弟車が同一型式」というのは日本ではよくある話です。

「頭文字D」で主人公が乗っていた「ハチロク」は、「AE86 スプリンタートレノ」の方ですね。

クルマ好きだと「ハチロクのレビン」とか「ハチロクのトレノ」と言ったりします。

「ハチロク」だけだと、「レビン?トレノ?もしかしてFT(FT86)?」と聞き返されますね。

ちなみに同じ代のカローラレビン/スプリンタートレノでもAE86のエンジン違いで、「頭文字D」だと主人公の親友、イツキが乗ってたAE85という型式のクルマもあり、そちらは「ハチゴー」と呼ばれます。

愛称で呼ばれるクルマの代表「スカイライン」

型式以外に、愛称の略語で呼ばれる事があります。

クルマの特徴や、当時のCMキャッチコピーなどを略して呼ぶわけですが、その代表が日産 スカイラインですね。

その前にまず歴代スカイラインの簡単な解説をしますと、初代は1957年デビューで同じ名前のまま約60年も作っているものですから、おおまかに分けて4つの世代に分かれます。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら