BMW M6クーペはMモデルの最高峰

BMW M6 クーペとは

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/m-series/m6-coupe/2015/design.html

BMW M6クーペは、ドイツメーカーのBMWが販売しているハイパフォーマンスカーです。馬力は560馬力とかなりの力を持っています。BMWのラインナップでMがつくモデルはハイパフォーマンスの証です。搭載されているエンジンはS63B44Bと呼ばれるもので、もともとはM5に搭載されていたエンジンです。ターボチャージャーが2基搭載されていて、それによって560馬力というパワーを出しています。最大トルクは69.3kgmとなっていて、まさにスーパースポーツと呼べる心臓部を持っています。これに7速ダブルクラッチ式のトランスミッションを組み合わせていることにより、M6クーペの加速はとても速く、停止状態から時速100kmに達するまでにかかる時間はわずか4.2秒です。

クーペでありながら居住スペースは広く、後席に大人2人が余裕をもって乗ることのできる広さです。内装も高級感があり、最高品質を誇る南ドイツ産の牛皮のみを使用しています。そして、アクティブMディファレンシャルという後輪のパワーを自在に配分するシステムも標準装備されています。

Mモデルのフラッグシップとして存在感がある

カーボンファイバー強化プラスチックを採用

BMW M6クーペの車重は1,910kgです。M5と比較して70kg軽くなっています。これは、ルーフにカーボンファイバー強化プラスチックを採用していることも貢献しています。ルーフパネル単体の重量は3.7kgで、スチール製にした場合の半分以下に抑えられています。この素材は、ひとつ前のモデルにも採用されていましたが、最新型では厚みが薄くなっていて、中央部分にへこみを持たせることで剛性をアップさせています。このようなちょっとした違いが、M6クーペがMモデルの最高峰であるということを示していると言えるでしょう。

走りにこだわっている性能

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/m-series/m6-coupe/2015/design.html

アクティブMディファレンシャル機能が標準搭載されていることが、走りの良さに貢献しています。エンジンの力を後輪に0から100まで自在に配分することができる機能ですが、これは路面の状態に合わせて配分されるため、トラクションが向上します。「M コンパウンド・ブレーキ・システム」を標準採用されていますが、これは通常より軽くて制動力が上がっているブレーキシステムです。パワーが大きく速度が出る車であるため、ブレーキもしっかりとしたものを採用しているわけです。オプションでさらに20kg軽くなった「M カーボン・セラミック・ブレーキ・システム」も用意されており、耐フェード性や耐摩耗性に優れています。

走りを味わうことのできる機能

こだわりのトランスミッション

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/m-series/m6-coupe/2015/driving-dynamics-and-efficiency.html


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら