ダウンサイジングターボの先駆者!フォルクスワーゲンのエンジンの現状は?

ダウンサイジングターボとは?

排気量を下げたエンジンにターボ過給、例えば2リッターNA(自然吸気・ノンターボ)エンジンの代わりに1.4リッターターボエンジンを載せて、実用パワーを下げずに低燃費や低排出ガスを実現するのがダウンサイジングターボです。 とはいえ、日本でも昔からある「軽自動車や5ナンバー枠内でターボ化により限られた排気量の中でパワーアップ」というエンジンとは、全くコンセプトが異なります。 排気量ダウンを行う最大の理由は、部品を小さくした上ですり合わせる部分にコーティングなどを施し、エンジンに仕事をさせる時の摩擦係数を極限化すること。 それによる効率化されたエンジンで燃費や排出ガスの量を抑える一方、ターボやスーパーチャージャーで少なくなった排気量を補うというものです。 フォルクスワーゲン(以下、VW)が開発、2006年以降ゴルフなどに搭載したTSIエンジンがその本格的な先駆者となって、以後世界中のメーカーで爆発的に増大しました。

その当時から懐疑的な意見も

しかし、結局のところ排気量を下げすぎてターボチャージャーに頼るようでは、ターボが有効な中・高回転域を多用せざるをえず、結果的に燃費や排ガス悪化に繋がるのではという意見は、その当初からありました。 特に、それまでの1.8~2リッターエンジンを1.2~1.4リッターターボに置き換えたVWはやりすぎという意見も多く、他の自動車メーカーでは慎重になる動きもあったのです。 大胆に後を追った急先鋒がBMWで、現在では1.8~2リッタークラスの直4エンジンを1.5リッター3気筒エンジンに置き換えたほか、もともとV6エンジンを使っていなかったこともあり、直6から直4、直4から直3の小排気量ターボエンジン化を進めています。 また、日本でもトヨタが1.8リッタークラスのエンジンを1.2リッターターボに、2.5リッタークラスのエンジンを2リッターターボに置き換えました。 逆に懐疑的なのがマツダや、意外にもVWグループのアウディで、ターボ化に伴い多少は排気量を下げるものの、必要以上に下げない「ライトサイジング」を提唱しています。

幅広くラインナップしたVWダウンサイジングでしたが、方向転換?


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら