ロータス72の遺産6つ!70年代F1マシンの名車が残した技術革新とは

ロータス72とはモータースポーツ世界選手権であるフォーミュラ1(F1)で活動したチーム・ロータスがデザインしたフォーミュラ1カーです。魅力的なデザイン性もさることながら通算20勝を挙げた機能性を兼ね揃えたロータス72について詳しくご説明します。

ロータス72とは

1966年にF1は1.5リッターから3.0リッターに排気量拡大するレギュレーション変更をしました。レギュレーション変更に対応しV8ユニットのエンジンであるコスワースDFVを開発しました。このコスワースDFVを初めて搭載したのがタイプ49です。1968年にWタイトルを獲得した成功作であるタイプ49の後継車とし、1970年に発表されたのがタイプ72である「ロータス72」です。ロータス72の魅力はコスワースDFVの優れたエンジン性能だけではありません。

ロータス72のデザインは天才コリン・チャップマン

コーリン・チャップマンは1960~1970年代にF1グランプリで活躍したチーム・ロータスの創業者です。彼の天才的なアイディアから生まれた名車はF1グランプリにて華々しい活躍を見せました。中でもロータス72は、1960年代までフロントに搭載していたラジエーターをサイドポッドに移設することで、空気抵抗を大きく減らしヨー慣性モーメントも大幅に低減させることができ、コーナリング性能を高めることに成功しました。

ロータス72の遺産6つ

1960年代の活躍から1970年代の新時代へ大きくモデルチェンジをしたことにより、独創的かつ機能性に優れたロータス72は、その後のF1界に大きな影響を与えました。革新的なデザイン性だけでなく、新たな設計を取り入れることによりたくさんの「遺産」を遺しました。 6つに分けてロータス72が遺したものを詳しくご説明します。

ロータス72の遺産1:70年代F1マシンの「常識」を一新

60年代の常識ではラジエーターはフロントへの搭載が一般的でした。しかし70年に発表されたロータス72は、車両の両サイドのサイドスポットにラジエーターを搭載しました。空気抵抗を減らすことができ、車体回転軸周りのヨー慣性モーメントも大幅に減少させ、コーナリング性能をアップさせる新常識のデザインとして高い評価を獲得しました。

ロータス72の遺産2:ウェッジシェイプの革新デザイン

ロータス72はラジエーターをフロントではなくサイドスポットへ搭載しました。ラジエーターをサイドスポットに搭載することで、従来の空気抵抗を減らすために細長く作られた葉巻型のデザインより、車体の前方を低く後方を高くすることができました。この形のデザインをくさび型という意味を込めウェッジシェイプといい、前方からの空気抵抗を極限まで減らすことができました。これは従来のF1カーのデザインを革新的に変えました。

ロータス72の遺産3:トーションバー使用のサスペンション

ロータス72の遺産は革新的なデザインの変化だけではありません。ブレーキディスクをインボード化し、トーションバーを採用しました。これによってコイルに比べ部品を軽量化することができ、更にスピードを追求することができました。

ロータス72の遺産4:3度のコンストラクターチャンピオン

F1グランプリにおいて、ドライバーに与えられる賞とは別に車の製作者に与えられる栄誉がコンストラクターチャンピオンです。ロータス72では新機軸の改良から更なる速さをライバルへ見せつけました。これにより70年・72年・73年に3度コンストラクターチャンピオンを獲得しました。

ロータス72の遺産5:70年・72年ワールドチャンピオンを輩出

ロータス72は従来の葉巻型デザインからラジエーターをサイドスポットに搭載しウェッジシェイプを実現しました。更にサスペンションに使われていたコイル・ダンパーユニットからトーションバーを使用することで軽量化に成功しさらにスピードを追求しました。その結果、ライバルを一切よせつけない走りを見せ、70年にはヨッヘン・リント、72年にはエマーソン・フィッティパルディの2名のワールドチャンピオンを輩出しました。

ロータス72の遺産6:75年までに通算20勝を獲得

1970年のF1スペイングランプリで登場したロータス72ですが、デザインや従来のサスペンションに使われたコイル・ダンパーと違いトーションバーを使用することで速度への追求を更にすることが出来ました。新機軸が足を引っ張ることもありましたが改良を重ね、1970~1975年の間で通算20勝を獲得しました。

ロータス72の歴史

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら