最近の自動車では一般的なイモビライザーってどんな役割を担っているの?

近年の自動車には鍵だけでは無くイモビライザーが一般的になってきました。イモビライザーの登場によって物理的な鍵の機能から進化し、より安全に車を所有することができるようになりましたが、そのメリットやデメリットを知っている方は少数です。そんなイモビライザーのメリットデメリットなどを紹介していきます。

イモビライザーとは

最近の新車には鍵の代わりにイモビライザーという機能が搭載された鍵が使用されていますがどのような役割を果たしているのでしょうか。

イモビライザーとは?

イモビライザーは近年の新車に多く見られる電子チップ搭載型の鍵のことを指します。通常の鍵では車にあるシリンダーに差し込み、中の鍵山が一致した場合にエンジンが始動するようになっています。それに対してイモビライザーの場合は専用のキーに搭載されたトランスポンダと呼ばれる電子チップが持つ固有のIDを照合し、そのIDが一致することでエンジンが始動する仕組みとなっています。その為イモビライザーは今までものと比べ防犯上のリスクが低減された鍵になっています。また鍵を刺す必要もなくなり、簡単にエンジンを始動させることも可能となしました。。

セキュリティ的にはあまり効果がない?

イモビライザーは今までの鍵と比べてセキュリティ面で強化されたように感じます。しかし、物理的な鍵と比べて電子的にIDを管理しているのでセキュリティ面で強くなったように感じますが実はそうでも無いようです。

イモビライザーのみではセキュリティが高くない

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら