【必見!】新入学の大学生、専門学生に。安く車をレンタルする方法!

4月の学生生活の開始も近づき、車の免許などを取得した高校3年生の方が多くなっているのではないでしょうか。車を購入するか迷っている方や、レンタカーで十分と思っている人など様々な人がいると思います。

常に車を利用する人でなければ、車を保有するのではなくレンタルして利用する方が安い場合もあります。ただ、車をレンタルするにしても、レンタカーだけではなくカーシェアなどの方法もあり、どの方法で借りるのが一番安い方法か分かりづらくなっているのも事実です。

そのためこの記事では、安く車を借りる方法を徹底的に解説していきたいと思います。車を借りる機会が多くなるこれからの季節に、この記事を見て節約しましょう!

レンタカーは18歳でも使える?

「免許取り立ての18歳の人に車も貸していくれる会社があるのか?」私が、大学1年生の初めて車を借りるときにまず疑問に感じたことです。

自分の家の車の運転ですらまともにできない状態で、他の車を運転するのは少し勇気のいることかもしれません。しかし、ほとんどのレンタカー会社で免許を取得したばかりの初心者にも車を貸してくれる場合が多いです。

一部レンタカー会社では、一定の年齢を越さないとアルファードなどの大型車を貸すことはしていないなどの制限を設けている会社もありますが、下に記載している大手のレンタカー会社などでは免許を取得したばかりでも借りられる場合がほとんどです。

ただ借りることができる場合でも、初心者のうちに小型車から大型車に変えると車両感覚などの違いで事故を起こしてしまう可能性が高くなるので、自分の運転できるであろう範囲の車を借りることを強くおすすめします。

レンタカーを予約するための方法

電話予約

「今どき、電話予約?」このように感じる人は多いのではないでしょうか?私もそう思っていました。しかし電話予約にはインターネット上では公開されていない値段で予約できるときがあります。その代表格が「学割」です。

学割の料金設定はインターネット上に公開されていないことが多く、電話で問い合わせることが前提となっていることが多いです。会社にも寄りますが15%〜20%ほど割り引かれることもあり、借りる期間が長ければ長くなるほど大きな金額差になっていきます。

また、大学生協とレンタカー会社が共同してレンタカー料金を割引するキャンペーンを行っていますがこちらも基本的には電話での予約が前提となっているため、インターネットと同時に電話でも問い合わせてみることで一番安いレンタカーを探すことができます。

レンタカー会社の公式サイトからの予約

使いたいレンタカー会社がすでに決まっている場合はその会社のホームページを見てみましょう。新規会員登録などをすることで、1000円オフクーポンなどをもらえたりする場合があり、そのようなクーポンを組み合わせると学割よりも安くなる場合があります。

また、楽天トラベルやじゃらんなどのサイトでは追加できないオプションが、公式サイトでは追加できることもあり利便性も高くなります。これはスタッドレスタイヤなどが必要な冬の時期などに役に立つ機能なので、オプションの関係で困っている場合は一度公式サイトも覗いてみましょう。

楽天トラベルやじゃらんなどのサイトからの予約

レンタカーを借りる会社などが決まっていない場合はこの方法が一番簡単に予約できる方法です。大まかな借りる場所と日時さえ決まっていれば、そのエリアの中から最安のプランを表示してくれます。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら