キューバではアメ車のクラシックカーが現役で走る

みなさんはキューバという国に関してどれくらい知っているでしょうか。おそらく南米の数ある国の一つというくらいの認識だと思います。しかし、実はキューバというところは他の国にはない特徴がたくさんあり、中でも車に関しては昔の旧車が現役で走っておりクラシックカー好きならテンションが上がること間違いなしの国なのです。そこで、今回はなぜキューバは現役でクラシックカーが使われているのか、そしてこれからのキューバとクラシックカーがどうなっていくのかをキューバの歴史と共に紹介してきたいと思います。

どれくらい昔の車を使っている?

では実際にキューバで見ることができるクラシックカーは一体どれほど昔の車なのでしょうか。

およそ60年前の車

キューバで現役で使われている車はおよそ60年前の車。つまりは1950年代あたりの車です。その頃はアメ車の全盛期と言っても過言ではない時代で、おそらくみなさんがアメ車のクラシックカーと聞いて想像されるデザインはほとんどこの時代に作られた車だと思います。また、アメ車のクラシックカーの定番でもある後ろに長く伸びたテールフィンも1950年から登場し始めたデザインで、1950年に登場してから多くのメーカーが採用し一斉を風靡しました。その車に現役で乗っているということは同じ車を60年もの間、繰り返し修理して使い続けているということになります。

クラシックカーはアメ車だけ?

クラシックカーが現役で走り続けているキューバですが、実は走っているのはアメリカのクラシックカーだけでビートルやFIAT、MINIのようなヨーロッパのクラシックカーは走っていません。その理由は車がキューバに登場し始めた当時のキューバの政治情勢にあります。当時のキューバはアメリカの政治介入を受けておりアメリカの保護国のような立ち位置にでした。そのため、輸入品もアメリカのものしか基本的に受け入れていなかったので他の国の車は入ってくる余地がありませんでした。

クラシックカーが現役で使われ続けているわけ

ではここからはクラシックカーが現役で使われる大きな要因であるキューバの歴史について紹介していきたいと思います。

社会主義の影響

Marcus WirthによるPixabayからの画像

キューバの歴史は1492年にスペイン人の探検家コロンブスによってインドと間違えて発見されてしまったというところから始まります。発見された後からスペイン人の支配が始まり、原住民も戦いましたがあっけなく破れ植民地となってしまいます。スペインの支配はひどく、当時は奴隷貿易などが盛んでしたから多くの人が奴隷にされました。すると1868年、キューバでスペインの支配を免れようとする動きが生まれます。その動きを支持したのがアメリカでした。その対立が最終的にアメリカとキューバ対スペインの戦争を起こし、その結果アメリカの支援あってキューバは見事スペインの支配を免れることに成功します。

しかし、一からもう一度国を立て直そうとするキューバに対してアメリカは政治に積極的に干渉し、キューバにはアメリカの企業や車がどんどん進出してきて結果的にアメリカの保護国のような立ち位置になってしまいます。これが先ほどお話したアメリカから車が大量に輸入された年です。そんなアメリカからも独立しようとキューバ内で革命軍が発起されます。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら