ワイパーはシチュエーションによって使い分けるべき?ワイパーの種類とそれぞれの用途の違い

雨や雪の降る時期に大活躍してくれるワイパーですが実はそれぞれ種類があり、用途や間違った使い方をしてしまうと100%の性能を発揮させることができない可能性もあります。そんなワイパーの見分け方やどのような場合に使い分けると性能を十分に発揮できるのか紹介していきたいと思います。

ワイパーの種類

世界中に四季はありますが日本の四季は他の国と大きく違い、季節が春夏秋冬とはっきり分かれていますが他の国ではこのように四季が分かれている国はあまりありません。はっきりした四季も特徴的ですが日本の季節には隠れた季節の梅雨があり、梅雨の時期にはワイパーが大活躍してくれます。雨や雪などの悪天候に見舞われることの多い日本ではワイパーの存在が必要不可欠です。ワイパーには様々な種類があり、用途によって特性が変わってきます。また、用途によって使い分けることで十分な性能を発揮でき、快適に過ごすことができるのではと思います。

スタンダードワイパー

国内で販売されている車のほとんどに搭載されているワイパーはこのスタンダードワイパーです。国内のワイパーメーカーであるNWBが今までのノウハウを結集させたスタンダードワイパーは払拭性・高速性・静粛性・耐久性能が優れており、バランス性の優れたワイパーとなっています。

グラファイトワイパー

グラファイトワイパーはグラファイト加工されたワイパーで撥水コーティングされたフロントガラスなどに適しています。グラファイトの効果は絶大で撥水加工しているフロントガラスで発生するワイパーのビビリ音を解消することができます。

撥水ワイパー

撥水ワイパーは基本的なワイパー性能としては他のワイパーとほとんど変わりませんはが大きな特徴が一つあります。撥水ワイパーは使用するだけでフロントガラスを撥水コーティングできるので便利なワイパーとなっています。

雪用ワイパー

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら