なぜ日本からポルシェやフェラーリのような自動車ブランドが生まれないのか?

こんにちは。おかげさまで、日本車の世界での立ち位置などを紹介した記事が好評で多くのアクセスを頂いております。それだけ、海外で自国の製品が受け入れられているのか気になっているという証拠ではないでしょうか?

【圧倒的人気No.1】東南アジアでの日本車人気が半端ない!なぜここまで人気?

実際に、この記事ではいかに日本車がアジア各国で受け入れられているのかがわかります。しかし、そんな各国から愛されている日本車には欠点は無いのでしょうか?

もちろんあります。欧米の車メーカにはあり、日本車にはないものと言えば、ポルシェやフェラーリなどのスーパーカーではないでしょうか?

もちろんGT-RやNSX、現在販売はされていませんがLFAなどのスーパーカーは存在してはいるものの、販売台数のボリュームがあるスーパーカーは日本車の中ではGT-Rくらいではないでしょうか?しかも、日本車の中にはスーパーカーやハイパフォーマンスカーを専売としている車メーカーはなく、この分野においては日本の車メーカーは欧州の車メーカーに後塵を拝している状態です。技術力もあり、世界でも受け入れられている日本からなぜそのようなブランドが出てこないのでしょうか?今回は、この話題について徹底的に解説していきます。

欧州を代表するスーパーカーメーカー

ポルシェ

ドイツを代表するスポーツカー・スーパーカーの自動車メーカーです。現在ではVWグループの傘下の企業となっています。

911やケイマン・カイエンなどの車好きであれば誰もが知っている高級車を製造しています。特に911は1960年代に製造が開始されて以降未だに人気を集める車種であり、ポルシェの代名詞となっている車種になります。

911シリーズの最高車種である、911GT2RSは値段も3700万円と驚愕する値段となっていますが、ニュルブルクリンクでは量産車として最速を記録したことがあるなど価格も記録も半端ではない記録を持っている車種でありメーカーです。

フェラーリ

イタリアの後述するランボルギーニ車と人気を二分するスーパーカーブランドがフェラーリです。

車好きであっても車好きで無くても、スーパーカーと言えばフェラーリの「ロッソコルサ」と呼ばれる赤色で塗装された車を思い浮かべる人がほとんどではないでしょうか?

458イタリアや812スーパーファーストなどは現在も販売されており、どちらも納車待ちが発生するほど人気の車種となっています。ラ・フェラーリと呼ばれるフェラーリの代名詞である車種は500台限定で販売され、今ではほとんど手に入らない幻の車種となっています。

ランボルギーニ

フェラーリと人気を二分するスーパーカーのブランドがランボルギーニです。現在はポルシェとおなじくVWグループ(アウディ)の傘下の企業です。

もともとトラクターを生産していたものの、スーパーカー生産に切り替え、ミウラやカウンタックと行った有名なスーパーカーを製造するまでに成長しました。

現在ではウラカン、アヴェンタドールといったスーパーカーや、ウルスといったSUVを生産しています。

ブガッティ

世界最速で名を馳せた「ヴェイロン」を製造していたブランドがブガッティです。最高速は400kmを超える史上最強の車となっています。世界で約400台が販売された後、ヴェイロンの後継車種となるシロンが発売され260万ドル(約2億8千万円)という超高額な値段がつけられています。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら