【何かわかりますか?】DLI、DOHC、D1GP(今さら聞けない車略語)

DLI(でぃーえるあい)

ディストリビューター・レス・イグニッションの略。 DI(ダイレクトイグニッション)と同義語と思っても良し。 「DLI」のステッカーはなぜかダイハツ ハイゼットトラックの荷台に「EFI DLI」などとよく貼ってありますが、何故普通の軽自動車などに貼らずにハイゼット限定なのかは不明です。 本当は貼ってあるのだけど目立たないだけかもしれません。

どういう意味かと言えば、昔のクルマには「ディストリビューター」という、エンジンのスパークプラグに電気を分配する装置があり、電気を流すイグニッションコイルからの電流はまずこのディストリビューターを通り、「プラグコード」という線を伝ってプラグに流れていました。 しかし、技術の発展で小型軽量安価、熱にも強いイグニッションコイルが登場した事で、スパークプラグに直接装着。 ディストリビューターを介さずに電流を流せるようになってプラグコードも不要になったので、損失が少ない「ダイレクトイグニッション」が実現したのでした。 1985年に日産 スカイラインの一部に採用されたのを皮切りに拡大し、1990年代にはダイハツの軽トラにすら採用されるに至ったというわけです。 ただし、当初はイグニッションコイルがまだ完全に安くならないうちから採用されたため、4気筒エンジンなら2個、6気筒エンジンなら3個といった形で、1つのイグニッションコイルで複数のプラグに電流を流す折衷案が取られました。 そのため、プラグコードが完全に無くなるダイレクトイグニッションが完全に採用されるのは、2000年代に入ってからになります。 このダイレクトイグニッション化によって各気筒ごとの電圧や点火時期を綿密に制御する事でエンジンの効率化を図れますが、一方で余計な加工をするとバランスが崩れて性能悪化の原因になるため、安易なアーシングチューンは控えるべきという意見もあります。

DOHC(でぃーおーえいちしー)


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら