プリウスは事故率が高い車?ホントに危険な車なのか?

プリウス
トヨタの「プリウス」は、1997年に販売開始された世界初の量産型ハイブリッド専用車で、最も歴史のあるハイブリッド車といわれています。また、2009年に新車販売ランキングで1位に輝くなど、最も人気のハイブリット車だといえます。
しかし、ニュースで報道される車の暴走による事故など、「プリウス」による事故を、ときどき見かけますよね。このような背景があり、「プリウス=事故が多い」という認識が広がりつつあります。
今回は、「プリウス」は本当に事故が多い車なのかについて考えていきたいと思います。

プリウスが事故率が高いクルマだといわれる理由

アクセルが戻らない

プリウスの事故率が高いといわれている理由は、過去に起こったいくつかの事故にあります。そのうちの1つは、2016年、福岡で個人タクシーが起こした暴走事故です。病院に突っ込んでしまい、3人が亡くなり、7人が負傷を負うという悲しい事故となってしまいました。

暴走を起こしてしまったタクシー運転手は、「ブレーキを踏んだ」などと車両の不具合を主張し、当初は、プリウスの車両不良が原因だと話題になりました。しかし、インベントレコーダーの記録によると、ブレーキが踏まれていなかったようです。

この事故では、運転席下のフロアマットが原因でした。純正でない別のフロアマット敷いていた結果、その別のマットがアクセルペダルに引っかかっり、車が急加速してしまったのです。以上のことから、プリウスの「ブレーキの問題」ではなく、純正のマットの上に別のシートを敷いたことが原因だったとされました。

プリウスは、このような事件を知った人々から「プリウスは危ない」というイメージが出てきてしまいました。プリウスのフロアマットの問題は、事故を起こしてしまった原因の1つであり、不具合といえるでしょう。そのような問題を受けて、2009~2010年、トヨタはリコールを実施しました。そのため、現在は、その問題を対処しているのではないかと考えられます。しかし、当時の「アクセルが戻らない」というネガティブなイメージの言葉の影響があり、いまだに「プリウス=事故が多い」というイメージをぬぐい切れずにいると考えられます。

※車種によって、このような事故が起こる確率は変わってくるものの、他の車種の車でも起こりうることです。安全のためにも、運転席下に純正でないマットは使うことは避けるようにしておきましょう。

車両不具合の疑い

車の暴走事故で考えられる主な原因は、「踏み間違い」です。しかし、プリウスの場合、車両の不具合があるという声が多く上がっています。しかし、アメリカで発生した多くの問題については、マットの問題を除き、ほとんどはドライバーの問題だとされています。

この問題に関しては、ブレーキによる違和感だと考えられます。プリウスは、ハイブリット車であり、多くの新技術を採用しています。ABS(安定した方向に車を停止するための制御装置)がその1つであり、プリウスの場合は、車両に搭載した蓄電池を充電できる「回生ブレーキ」と従来型の「油圧ブレーキ」の組み合わせによるものです。そのため、従来のものと比較して違和感が出てしまうことは想像できると思います。

プリウスは、新技術を用いているハイブリット車であるため、必然的に違和感を生み出してしまっていると考えられます。そして、「違和感=不具合」になっているのかもしれません。

踏み間違いによる事故

プリウスの暴走事故が、ときどきニュースで報道されています。日本では、車両別の事故率は公表されていないため、私たちの記憶に残りやすい「踏み間違い事故」のイメージによって、プリウスに対して批判の声が高まっているのかもしれません。

プリウスの事故率は高いのか?

利用者が多い

「プリウスは事故が多い」という声が多く上がっています。日本での事故率については公表されていないため、真相はわかりません。しかし、仮に本当に事故が多いとしても、事故率が高いとは限りません。なぜなら、プリウスは人気車種だからです。プリウスの累計販売台数は、日本で192万台、世界で418万台を記録するなど、大人気の自動車といえます。利用者が多い分、車両不具合の声が多くなるのはやむを得ないことであり、必然的だと考えられます。

イギリスで最も事故率が高いのはプリウス

販売台数と事故件数が分からない限り、事故率の高さについては言及できないため、車両別の事故率を調べてみました。日本での車両別事故率のデータは公表されていませんでしたが、イギリスでの車両別のデータはありました。「世界的にプリウスの事故率が高いのか」を考えるために、参考になるのではないかと思います。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら
プリウス