韓国の大手自動車メーカーヒュンダイの歴史

自動車を購入するとき、好きな自動車メーカーやスペックを気にしてみたり好みのデザインのものを購入したりすると思います。しかしほとんどの場合は車を購入する際にどのメーカーの車を選べばいいかわからないそんな人が多いかもしれません。初めて車を購入する方や車についてあまり知識のない方は特にわかりにくいように感じている人が多いと思われます。各自動車メーカーの生産している製品はさまざまな特徴があります。歴史も深くメーカーの歩んできた道を知ることでどのような車を世に送り出してきたのかがわかります。その各社持ち合わせている特徴を吟味し、消費者のライフスタイルに合った車を選び購入することで初めていい買い物ができるのではないかと考えています。今回は数多くの自動車の中からヒュンダイについて紹介していきたいと思います。

ヒュンダイとは?

現代自動車(ヒュンダイ)は韓国の大手自動車メーカーです。世界販売台数はヒュンダイ単体で450万台売り上げており日本のホンダと同じ規模を誇っています。ヒュンダイグループ全体ではGMグループの次に大きく世界第5位という大きな規模の自動車メーカーです。

ヒュンダイの設立

現代自動車(ヒュンダイ)は1967年に鄭 周永が設立しました。翌年、フォードの技術提供を受けフォード・コルチナのノックダウン生産を開始し、ヒュンダイ初の自動車販売が開始され自動車業界の仲間入りを果たします。その後フォードとの関係が上手くいかなくなり、新たな技術提携先として三菱自動車と契約を交わし車体やエンジンなどの技術提供を受けていました。1975年には韓国初となる国産車のポニーを発売しました。ポニーのデザインはデロリアンなどを手がけたジウジアーロが手がけており、エンジンなどのプラットフォームは三菱自動車の初代ランサーのものを流用していました。このポニーはカナダで一時期ベストセラーとなり人気を博していました。一方アメリカでは排ガス規制が厳しく、ポニーはその排ガス規制をクリアすることができず販売することができませんでした。

21世紀のヒュンダイ

かつてのヒュンダイは安価で粗悪な品質から評判があまりよくありませんでした。ヒュンダイの悪い面を変えるために価格設定を維持しながら品質向上にも務め米国消費者満足度調査第1位を獲得しました。その後キャッシュバックなどで販売台数を増やしヒュンダイ自動車は世界194ヶ国で販売される多国籍企業の仲間入りを果たしました。日本市場に参入した2001年にはヒュンダイを知らないのは日本だけかもしれないというキャッチコピーを打ち出すほど挑戦的でした。しかし、その後売り上げの低迷などの問題から2009年に日本市場から撤退してしまいました。

ヒュンダイが生み出した名車

ヒュンダイが誕生してから長い年月が経ちましたがその中で数々の名車と呼ばれる車が誕生していきました。ヒュンダイの生み出した数々の名車の中から一部抜き出して紹介していきたいと思います。

ヒュンダイ・グレンジャー

グレンジャーはヒュンダイが販売している高級セダンです。それまでは輸入した部品を現地で組み立てるノックダウン生産を行なっていたフォード・グラナダの代わりに発売された自動車です。直列4気筒2000ccエンジンを搭載したグレンシャーは韓国国内で人気の車でした。ソウルオリンピックでは大会の公式スポンサーだったヒュンダイがVIPの送迎車として開発されたため信頼性の高い自動車となっています。

ヒュンダイ・ヴェロスター


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら