独テックアート社、ポルシェ・パナメーラのチューニングカーを公開!

パナメーラ最高級グレードに施したカスタマイズを公開!

ドイツのチューンメーカー、テックアート社は先日ポルシェ「パナメーラ」のカスタムカーとして、「グランドGT」と名付けたモデルを披露しました。

「911カブリオレ」のカスタマイズをしたばかりの同社ですが、今度は4ドアモデルのポルシェに手を加えたというわけです。

ベースとなった車両は、680PSというスペックを誇るパナメーラの「ターボS Eハイブリッド」というモデルですが、そのパワーの割にはルックスが大人しすぎるという声もありました。

そこでテックアートはよりアグレッシブな外観を与えるべく、このクルマにボディーキットを装着することにしたのでした。

とは言え、過度にチューンアップしたような印象は与えないよう、テックアートの適切な基準に沿った改造に仕上がっています。

まずフロントを見ると、空力改善のためにエアインテークが大型化され、独立タイプのスプリッターが追加されているのが目を引きます。

 

見かけだけではない、全体的な性能をさらにアップ

バンパーにはアダプティブ・クルーズコントロール用のレーダーセンサーが埋め込まれており、安全性能の向上も図っています。

エンジンフードは軽量カーボンファイバー製に代えたお蔭で、車重も軽くなっています。

またサイドスカートが備わっているため、ホイールアーチもよりスポーティーな出で立ちとなっています。

後ろへ回ると、リアディフューザーも大型化されていて(こちらもカーボンファイバー製のアクセサリー付き)、さらに固定タイプのリアスポイラーも追加されていることに気づきます。

こうした数々の改造により、同車の全幅はフロントで50mm・リアで80mmそれぞれ拡幅されているといいます。

タイヤは22インチという大きなホイールの前285/30・後334/25を装備することで、地面との接触面積も広がっているということです。

 

内装も細かくリクエスト可能

インテリアに関しては、ユーザーが趣向に応じて選択できるようになっており、レザーやアルカンターラ(合成皮革)、ラッカー仕上げ、カーボンといった種類の素材からパーツを組み合わせられます。

ここに掲載したプレス用画像では、内装の例としてオレンジ色のアクセントを採用していますが、これは外観のブレーキキャリパーとマッチする彩色です。

テックアートではさらなる細かいカスタマイズの要望にも応えるとしており、パドルシフトまでレザーかアルカンターラ仕上げで注文できるということです。

ハンドルにも、標準車より小さめである直径360mmの新型「タイプ7・スポーツステアリング」を採用しています。

このグランドGTのボディーキットは、パナメーラのエントリーグレードから最高級グレードのターボS Eハイブリッドまで、どのモデルにも装着が可能だということです。

果たしてドイツでは、パナメーラのオーナーになる人のうちのどのくらいが、ここまでこだわったカスタマイズ仕様車を選ぶのでしょうか!?

Techart Pimps Up The Porsche Panamera With GrandGT Bodykit

 

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら