メルセデスベンツ、ドイツでオープンカーの販売停止を求められる!

特許問題で、メルセデスのモデルに大きな影響を及ぼす可能性が・・・

メルセデスベンツのオープンモデルには、ユニークな装備があります。「エアスカーフ」と呼ばれるもので、「SLK」「SLC」「SL」「SLS」といったオープン専用モデルのほか、「Cクラス」「Eクラス」「Sクラス」それぞれのコンヴァーティブルにも採用されています。

これは、ヘッドレストの真下に吹き出し口を設け、乗員の首回りに温かい空気を届けてくれるシステムです。

これによって冬場でも、ルーフを収納して快適なオープンドライブが楽しめます。

ところがここへ来て、ドイツの裁判所がこの機能を一時的に停止するよう求めました。

パテントに問題があるというのが、その理由です。

この技術については、 Ludwig Schatzingerという人物が1996年から特許を所有していますが、メルセデス自身は「エアスカーフ」という商標を所有していないことが問題視されているようです。

このダイムラーに対する訴訟は、発明したSchatzinger 氏本人ではなく、特許事務所から起こされたことになっています。

メルセデスは、販売したオープンモデルからこのシステムを無効にしない限り、3100万円あまりの罰金を支払わなくてはならない可能性もあるということです。

それ以外にも、カタログや宣伝といったプロモーション素材からも「エアスカーフ」を削除し、 Schatzinger 氏にもお金(金額は非公開)を支払うことが求められています。

ただし、この法的な命令は2016年5月9日にドイツ本国で販売された車両にのみ適用されるものなので、それ以前に買った人が心配する必要はありません。

ところで、この件に関しては、大きく不可解な点が1つあります。

実は、2016年12月25日にはSchatzinger 氏のパテントも失効するので、それ以後はメルセデスも再びエアスカーフ機能を有効にできるという事実です。

つまりは、特許失効の直前に起きた訴訟。

メルセデス車で機能を無効にするべき期間も、半年だけということになります。

実のところ、真意がよくわからない話ですが、メルセデスも過度に影響を受けることなく、オープンモデルを造り続けて欲しいものですね。

 

Mercedes Is Forbidden From Selling Its Convertibles In Germany
Mercedes Is Forbidden From Selling Its Convertibles In Germanywww.carbuzz.com

 

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス事前登録受付中!



通うことで愛車を常に綺麗に保つ

愛車への悩みを解決する手洗い洗車のサブスクが始まります!



事前登録、詳しい内容はこちら↓

洗車サブスクリプション