帰省や遠出に便利!宿泊施設のあるサービスエリアをご存知ですか?

帰省や旅行など、車で遠出をする機会がある人は少なくないでしょう。また、車で長時間の運転をする場合、大きな事故を起こさないためにも、休憩や睡眠は必要不可欠ですよね。サービスエリアでの睡眠といえば、車中泊を思い浮かべるかもしれません。しかし、いくつかのサービスエリア内には、宿泊施設があります。目的地までの距離や、他に運転する人がいるかなどの状況によりますが、宿泊施設を有効に利用することで旅が快適になるかもしれません。

そこで今回は、サービスエリアで宿泊するかを決定するために考慮するべき点や、いくつかの宿泊できるサービスエリアを紹介していきます。

宿泊できるサービスエリアを使うべき?

宿泊できるサービスエリアについて

サービスエリアの駐車場

サービスエリアでの宿泊といえば車中泊が一般的かもしれません。しかし、宿泊可能な施設のあるサービスエリアもあります。足利SAの「レストイン時之栖」や佐野SAの「ファミリーロッジ旅籠屋 佐野SA店」などがあり、車で遠出をする際には大変便利です。施設によりますが、大浴場を兼ね備えていたり、ビジネスホテル程度の値段で泊まれたりなど、旅を快適に過ごすためにも利用したい方は多いはずです。

車中泊などの手段もある

サービスエリア内の宿泊施設を利用する以外にも、睡眠を適度にとるための手段はいくつかあります。それほど長時間の運転でない場合や、車中泊でも十分に疲れをとることができる方であれば、車中泊でも問題ないかもしれません。また、高速道路をいったん降りて宿泊することもできます。便利な位置にサービスエリア内の宿泊施設がない場合は、このように一般の宿泊施設を使ってみても良いかもしれません。

車中泊は危険?エコノミークラス症候群などに注意

車内で睡眠をとる男性

サービスエリア内の宿泊施設に泊まらなくても、車中泊で十分に思う方も少なくないかもしれません。しかし、車中泊をするうえでの注意点がいくつかあります。まず、長時間同じ姿勢でいることはエコノミークラス症候群の発生につながってしまう恐れがあります。車内に多くの人が乗っている場合などは、車中泊をすることは望ましくないといえます。また、真冬(真夏)の車中泊にも危険が伴います。車内の温度が急激に上がったり、下がったりしてしまう可能性があります。対策として、防寒具の準備や水分補給をこまめにするようにしましょう。

車内で安全に過ごすためにも、最低でもこれらのことは理解しておきましょう。

余裕をもって快適な旅をしたい場合

車中泊では、エコノミークラス症候群などに注意が必要です。また、しっかりと疲れがとることが難しいといえます。サービスエリア内の宿泊施設を利用すれば、温泉や質の高い睡眠などにより、疲れを癒してくれるかもしれません。そのため、余裕をもって快適な旅にしたい方は、サービスエリアでの宿泊を考えてみても良いでしょう。

宿泊施設のあるサービスエリア一覧

東名高速道路

東名高速道路上り足利SA 「レストイン時之栖」

東名高速道路の足利SAの上りには、「レストイン時之栖」という宿泊施設が併設されています。都心から東海地方方面に行く際など、関東・東海地方にお住いの方にとって便利だといえます。GWやお盆などは宿泊料金が異なるようですが、それ以外の通常のシーズンであれば、基本的には1泊5,000円程度とお手ごろな料金となっています。連休などの休日は満室になりやすいようなので、できるだけ早めに予約する必要があるかもしれません。
※下り線を利用する方でも、宿泊希望者向けに無料送迎あり。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら