日韓問題の影響で韓国市場での日本車の売り上げが50%減?日本車は韓国で再びシェアを伸ばせるのか?

日本と韓国の国旗

みなさんは韓国市場でどのようなメーカーの自動車が人気を集めているかご存知ですか?日韓問題の影響や、日本で韓国車をほとんど見かけないことを考えると、日本車は韓国で人気がないと思っている人も少なくないでしょう。実際のところ、政治的な問題によって不買運動が起こる以前は、日本車は韓国市場において、大きなシェアを獲得していました。2019年上半期では、日本車が韓国の輸入車のうち20%以上を占めるほどの好調ぶりでした。しかし、不買運動等の影響を受けて、一時は日本車の売り上げが50%以上減少しました。このように、韓国での日本車の売り上げについて詳しく知りたい方や、これからどのようになっていくのか興味のある方は少なくないでしょう。

そこで今回は、韓国市場における日本車の売り上げの変化や、韓国での日本車のこれからについてお伝えしていきます。

韓国市場で日本車の売り上げが大きく減少

2019年上半期、日本車が20%以上のシェアを獲得

日本車(トヨタ、日産、ホンダ)のロゴ

2019年上半期、日本車が韓国の輸入車のうちの21.5%のシェアを占めるなど、日本車が韓国で好調でした。日本車は韓国で人気を集める以前は、政治的・歴史的な問題を棚に上げて、韓国ではデザインや高級感を強みとするヨーロッパ車が人気を集めていました。一方で、日本車はヨーロッパの自動車メーカーのように差別化が出来ていないことが問題だと考えられていました。

しかし、日本の自動車メーカーが得意とするエコカー(ハイブリット車)で多くの人気を集めるようになりました。韓国では、PM2.5で「大変悪い」水準になっており、大気汚染の問題が深刻化しています。そんな中で、フォルクスワーゲンは、PM2.5の一因だと考えられていた排気ガスを偽装していたとして、販売が中止されました。「レクサス」は、高級感や品質の高さに加えて、環境にも良さもあり、多くのニーズに応えるブランドとして人気を集めました。レクサスだけでなく、トヨタやホンダなど、多くの日本メーカーはハイブリット車を得意としており、これが日本車の販売台数を増加させたと考えられます。

不買運動の影響で日本車の販売が一時的に50%以上減少

右下がりで減少傾向にあるグラフ

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
日本と韓国の国旗