今さら聞けないガソリンの『実は』レギュラーとハイオクはどっちでもいいのか?

そもそもなぜ2種類のガソリンがある?

ガソリンスタンドの給油機で、軽油以外にたいてい「レギュラー」「ハイオク」と2種類が存在するガソリン。 そもそもなぜ2種類のガソリンが存在しているのでしょうか? その主な理由は、ガソリンエンジン特有の「ノッキング」という現象にあります。 最近のクルマはオートマ車が多いのであまり見かける事もありませんが、エンスト寸前の低回転でアクセルを踏み込むと、「カリカリカリ」などの音がエンジン回転数の上がるまで続く事がよくありました。 これが「ノッキング」で、点火時期が適正ではなかったり、シリンダー内で動くピストンによる圧縮が高すぎる場合などに、ピストンがシリンダー内壁などに当たる打音などが特徴です。 スポーツ走行などに適した高回転高出力型の高性能エンジンほど起きやすいのですが、そのノッキングを抑える「耐ノック性」を高めたのがハイオクガソリン。 一応、添加剤などを加える事でエンジン内の清浄能力などを高めた製品もありますが、基本的にそれらはハイオクガソリンを高価で販売するために石油元売り各社が付加価値を高めるためのもので、エンジンの性能に直結するものではありません。

レギュラーガソリン車にハイオクを入れる意味はあるか?

つまり、ガソリンに耐ノック性が求められるエンジンでも無ければ、ハイオクガソリンを入れる事には特に意味は無いわけです。 逆に言えば、「長距離を走って頑張ってくれた愛車にゴホウビ!」と愛情を込めた意味でたまにハイオクガソリンをおごってやる分にも特に問題はありませんし、そこは気持ちの問題ですから入れても構わないという事になります。 ただ、同じ気分的なものでも「高いのだから何か意味があるのだろう」と考えてハイオクガソリンを入れるのは、単に高い金を払うだけで何の効果もありませんから、やめて差し支えないですね。 愛車の取扱説明書を開いて、給油する燃料の種類に「ハイオクガソリン」あるいは「プレミアムガソリン」を入れるように指示が無い場合は、レギュラーガソリンでOKです。

ハイオク仕様は一応レギュラーにも対応するが

一方、取扱説明書でハイオクガソリンを入れるように指示がある場合には、大きく分けて2種類あります。 それが「ハイオク仕様」と「ハイオク指定」です。 「ハイオク仕様」の場合は、基本的にハイオクガソリンが必要、つまりノッキングしやすいエンジンなのですが、コンピューターの方で点火時期やシリンダー内の圧縮を変化させる事が可能なようにプログラミングされています。 そのためレギュラーガソリンでも一応エンジンは動きますが、最適化された状態から「レギュラーガソリンでも壊れない状態」へと制御するので、馬力や回転フィーリング、燃費がガタ落ちとなり、数%から多くて数割性能低下すると思った方がいいです。 基本的には「ハイオクガソリンが手に入らない時に、次の給油地点まで走るための緊急用」ですし、その状態で乗り続ける事を推奨しているわけでもありませんから、最悪の場合は故障の原因に繋がる上に、補償対象外にもなりえますから、可能な限りハイオクガソリンを入れるべきでしょう。

レギュラー厳禁!ハイオク指定


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら