かつて人気を博した日本独自の軽自動車規格が崩れ始める

日本で生活していると軽自動車を見ない日がないくらい数多くの軽自動車が走っています。軽自動車の需要は一般家庭のみならず、企業にとっても重要な役割を持っています。軽自動車のメリットは維持費の安さや初期費用の安さなどさまざまあります。しかし、この軽自動車規格の自動車は日本のみで普及している規格です。なぜ軽自動車規格は生まれ世界では普及していないのでしょうか。また、近年この軽自動車規格の車が廃止される可能性が出てきました。なぜ長年愛されており、需要のある軽自動車規格の自動車が廃止されるのでしょうか。

日本だけの特殊規格軽自動車

日本でとても重要な役割を持っている軽自動車はさまざまな場面で活躍しています。しかし、日本の外へ目を向けてみると全く軽自動車規格の自動車を見かけることはありません。軽自動車が輸出されることはあってもその国に需要があるわけではなく、日本のように軽自動車規格の自動車が普及している国はありません。なぜこのような規格が普及しているのでしょうか。

軽自動車規格とはどんな規格?

日本で人気の軽自動車規格について詳しく紹介していきます。軽自動車規格は

  • 定員数4名
  • 全長3.40m以下
  • 全幅1.48m以下
  • 全高2m以下
  • 排気量660cc以下
  • 貨物積載量350kg以下

であり、この基準を満たしている車が軽自動車として認定されます。この軽自動車規格は時代により異なります。軽自動車のメリットは保険や税金などが免除されたり、高速道路が安くなるため普通自動車に乗っているよりも維持費がとても安く済みます。そのため普通車を維持するのが厳しい家庭でも軽自動車なら維持しやすい場合もあります。維持費以外にもメリットがあり、自動車のサイズがとても小さいため小回りが利き操作しやすいです。また最近の軽自動車は室内空間が広く取られており、窓が大きいため視野が広く運転しやすいのが特徴的です。

軽自動車規格はなぜ海外にないの?

さまざまなメリットを持った軽自動車ですが、なぜ日本以外にこの規格が存在しないのでしょうか。一つ目の理由としてあげられるのは軽自動車の恩恵を海外で受けられないことにあると思います。軽自動車は税金や保険料など普通自動車と比べて優遇されていますが日本国外では軽自動車に対して優遇措置はありません。もし日本で軽自動車の優遇措置がなくなったら軽自動車に近いコンパクトカーに乗り換える人も少なくはないのではと考えられます。そのため海外では軽自動車はただの小さい車であり何も特別ではありません。

衝突安全性能の面から見ても海外では販売できない理由があります。海外にて自動車に求める衝突安全性はとても高い水準であり、コストカットされ小型な軽自動車はその基準をクリアできず海外で販売できないということがあります。また海外の生活スタイルに合わないことも考えられます。海外では高速道路が主体であったりするので小排気量の自動車の需要は小さいです。また、環境性能を考えるとハイブリッドカーなどを選んだ方が生活様式的にも環境面でもいい結果を望むことができるというのも要因だと思います。

軽自動車の中でも優れた車

日本にしかない軽自動車の中でも筆者の趣味全開で名車だと思う自動車を紹介していきたいと思います。

ダイハツ・コペン

コペンはダイハツから販売されている軽自動車です。丸いヘッドライトで可愛い見た目のコペンですが、軽自動車ながら電動ルーフを兼ね備えた本格的なオープンカー体験をすることができます。また2代目コペンでは外装の交換が簡単にできるためカスタマイズ性が高く好きな見た目に変更できる点が評価されています。

スズキ・カプチーノ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%82%AD%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%97%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%8E


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら