英国車の黄金期を支えた名車!アレック・イシゴニス最初の成功作 モーリス マイナー

労働者向けの安価で高品質な車、モーリス マイナー

第2次世界大戦前から成功していたイギリスの自動車メーカーといば、モーリスです。 モーリスといえば、1920年代末の世界大恐慌時代を乗り切った小型車の名作マイナーなど「高品質で安価な車を作る」として評判でした。 第2次世界大戦後の1948年、やはり戦争中の痛手からまだ立ち直り切っていないイギリスで労働者向けに高品質で安価な車、つまりかつてのマイナーと全く同じコンセプト、全く同じ車名で2匹目のドジョウを狙ったのが新しいモーリス マイナーです。 先進的なモノコック・ボディにフォルクスワーゲン ビートルのような円弧を巧みに組み合わせてボディ強度を確保し、十分な車内スペースを確保した上で初期型は安価なサイドバルブエンジンを搭載するなど、コスト削減にも力を入れていました。 マイナーは目論み通りヒット作となり、1940年代末期から1960年代にかけてイギリスの代表的な大衆車となったのです。

設計者はあの有名なアレック・イシゴニス

低コストで安価な車を作り上げるために、新技術と既存技術を巧みにまとめ上げるその手法や丸目2灯のヘッドライトとフロントグリルの配置に「どこかで見たような」という印象を持つかもしれません。 それもそのはず、あの「ミニ」(旧ミニ)で自動車史に偉大なる足跡を残した名設計者アレック・イシゴニス最初の成功作が戦後型マイナーだったのです。 戦前、モーリスに入社していたイシゴニスは、ライバル社のオースチン セブンをベースとしたレーシングマシン製作にも熱を上げており、750~1,100ccクラスの小排気量車を得意としていました。 大戦中、戦争の行く末が見えてくると戦後に主力となる車の開発プロジェクトが始まりイシゴニスもその作業に没頭していましたが、その中で最も成功したのが小型小排気量のマイナーだったのはむしろ当然かもしれません。 マイナーは後のミニと違ってそれほど画期的なメカニズムを搭載していたわけではなく、戦前のモーリス エイト(戦前型マイナーの後継車)から918ccサイドバルブエンジンを流用したオーソドックスなFR(フロントエンジン・後輪駆動)車でした。 しかし、戦前型メカニズムで安価な車を作るという目的にはもっとも適合しており、これ以上の小型低価格と実用性を両立しようとして悩んだ末、あの独特の構造を持つFF(フロントエンジン・前輪駆動)車・ミニになったと思えば納得です。

ミニにも受け継がれた味のある木枠のマイナー・トラベラー

このマイナーで人気の高いモデルは、全鋼板製車体でありながらに荷室を木枠で覆うという独特なデザインのマイナー・トラベラーでしょう。 後のミニでも同様の手法をとったミニ・カントリーマンが登場したもので両者が混同されることもありますが、もちろん大きさはミニより一回り大きくより荷物を積めるようになっています。 湿気でキノコが生えるところなど、ネガティブになりかねない部分がかえって味があると評判のこの木枠、何といまでもちゃんと部品が出るというから驚きです。 また木枠で囲ったラゲッジではなく、ピックアップトラック版に側壁と屋根を持たせたマイナー・バンもあり、ガラス窓つき・窓なしとあります。 この窓無し仕様バンも後にミニ・バンとしてミニに受け継がれており、同じ設計者が作ったマイナーはまさにミニの兄貴分だったことがわかります。

作りに作った160万台、今でも部品が出るという

マイナーは1961年に生産累計100万台に達し、英国車として初のミリオンセラーになりました。 コンバーチブルやサルーンは1970年までに、トラベラーやバンは1972年までに生産を終えましたがそれまで160万台ものマイナーが作られています。 現在でも世界的にはミニと並んで愛好家の多い車で、前述のトラベラー用木枠に留まらずイギリス本国やアメリカなどで未だに部品のストックや生産が行われているため、多少時間がかかっても欠品で維持に困るということは無さそうです。 あるいはそういった「古くとも魅力的な車をいつまでも維持できてしまう」のがイギリス自動車工業会衰退の原因だったかもしれませんが、自動車を決して消耗品とみなさない車好きにとっては嬉しい話ですね。 誰にでもわかりやすいミニも良いのですが、ミニの元祖的存在と言えるモーリス マイナーで、あなたも古のイギリス自動車文化を味わってみませんか?


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら