英国車の黄金期を支えた名車!アレック・イシゴニス最初の成功作 モーリス マイナー

労働者向けの安価で高品質な車、モーリス マイナー

第2次世界大戦前から成功していたイギリスの自動車メーカーといば、モーリスです。 モーリスといえば、1920年代末の世界大恐慌時代を乗り切った小型車の名作マイナーなど「高品質で安価な車を作る」として評判でした。 第2次世界大戦後の1948年、やはり戦争中の痛手からまだ立ち直り切っていないイギリスで労働者向けに高品質で安価な車、つまりかつてのマイナーと全く同じコンセプト、全く同じ車名で2匹目のドジョウを狙ったのが新しいモーリス マイナーです。 先進的なモノコック・ボディにフォルクスワーゲン ビートルのような円弧を巧みに組み合わせてボディ強度を確保し、十分な車内スペースを確保した上で初期型は安価なサイドバルブエンジンを搭載するなど、コスト削減にも力を入れていました。 マイナーは目論み通りヒット作となり、1940年代末期から1960年代にかけてイギリスの代表的な大衆車となったのです。

設計者はあの有名なアレック・イシゴニス

低コストで安価な車を作り上げるために、新技術と既存技術を巧みにまとめ上げるその手法や丸目2灯のヘッドライトとフロントグリルの配置に「どこかで見たような」という印象を持つかもしれません。 それもそのはず、あの「ミニ」(旧ミニ)で自動車史に偉大なる足跡を残した名設計者アレック・イシゴニス最初の成功作が戦後型マイナーだったのです。 戦前、モーリスに入社していたイシゴニスは、ライバル社のオースチン セブンをベースとしたレーシングマシン製作にも熱を上げており、750~1,100ccクラスの小排気量車を得意としていました。 大戦中、戦争の行く末が見えてくると戦後に主力となる車の開発プロジェクトが始まりイシゴニスもその作業に没頭していましたが、その中で最も成功したのが小型小排気量のマイナーだったのはむしろ当然かもしれません。 マイナーは後のミニと違ってそれほど画期的なメカニズムを搭載していたわけではなく、戦前のモーリス エイト(戦前型マイナーの後継車)から918ccサイドバルブエンジンを流用したオーソドックスなFR(フロントエンジン・後輪駆動)車でした。 しかし、戦前型メカニズムで安価な車を作るという目的にはもっとも適合しており、これ以上の小型低価格と実用性を両立しようとして悩んだ末、あの独特の構造を持つFF(フロントエンジン・前輪駆動)車・ミニになったと思えば納得です。

ミニにも受け継がれた味のある木枠のマイナー・トラベラー


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら