日本のナンバーがダサい。これからヨーロッパのように変更されることはあるのか

街中を走っていると頻繁に海外の車を見かけます。それを見て外車自体はかっこいいなあと思うのですが、とりわけ昔の外車などは本来ヨーロッパのナンバーをつけるためのボルトが日本のナンバーの外側に見えてしまっているものが多くあり、せっかくその外車はかっこよくてもちょっとダサいなあと残念に思ってしまうことが割と多くあります。なぜ日本のナンバーはヨーロッパと同じような形ではないのでしょうか。ヨーロッパのナンバーの方が車本来のデザインを邪魔しない気がします。今回はなぜ日本のナンバーが今のような形になったのか、そしてこれからヨーロッパ仕様に変更される日は来るのかについてお話していきます。

ナンバープレートの役割の違い

まず、そもそもの日本のナンバープレートの役割とヨーロッパのナンバープレートの役割の違いについて簡単に説明していきたいと思います。

日本の分類番号は海外にはない?

日本のナンバープレートには3桁の分類番号とひらがな、地名と希望の数字が表記されていますが、実はこの分類番号はヨーロッパのナンバープレート(ユーロプレート)には書いてありません。その理由として日本の分類番号は車が商業用なのか乗用なのかを識別したり、小型か大型かを識別するという役割を担っていて、昔の日本ではその分類番号が小型か大型かによって税金が変わっていたという背景があります。

日本のナンバープレートについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
なぜ車のナンバープレートは隠さなければいけないのか

ユーロプレートが表すもの

反対にユーロプレートが表すものは国によって様々ですが、基本的にはどの国もナンバー登録した地名と個体を識別するための番号の二つで構成されています。ナンバープレートの色が違う場合もありますが、それは意味があるわけではなく国によって黄色か白かという風に分けられています。いずれにせよ欧州のナンバーは日本ほど詳しく分類されているわけではなのです。

いつからナンバープレートは始まった?

そんなナンバープレートですが日本でナンバープレートが付けられ始めたのは一体いつ頃からなのでしょうか。

ナンバープレートの歴史

ナンバープレートが初めて登場したのは1951年。それまでも自動車は走っていましたが、その数はとても少なかったため特に管理をする必要はありませんでした。しかし、次々に増えていく車の数に比例し交通事故も増えていったため車を管理するための道路運送法が確立し、そこでナンバープレートが誕生しました。当初のナンバープレートは今のような形ではなく、それこそユーロナンバーのような横に長い形でした。そんな横に長いナンバーが終わったのが1955年。今までのナンバーに加えて平仮名が表記されるようになり分類番号と識別番号が二段表示されるようになります。その後も6年おきくらいにナンバープレートは変わり地域名が完全表示になったりした結果、最終的に今の形になったのは割と最近の2005年のことでした。

なぜ日本のナンバーはダサいのか

それではここからは本題の日本のナンバーがダサいということについてお話していきたいと思います。

サイズが車に合わない

日本のナンバーがダサいと言われる理由として車のデザインを邪魔してしまうサイズということが挙げられます。基本的に車の全面はどの車にもグリルがありますがこのグリルは横に線を引いたようなデザインが基調となっているため横に長いナンバーの方が車のデザインを邪魔しにくいのです。また、車を作る際にヨーロッパのナンバーの形を意識して車を造っているということもデザインが合わない理由でしょう。これは実際に写真を見て比較するとわかり易いかもしれません。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/7e/Nissan_GT-R_MY2017_%281%29.jpg

このように日本のナンバーサイズだとナンバープレートの下のグリル部分にナンバーがかかってしまいます。一方ユーロナンバーサイズの方はぴったりと納まっています。この下に出てしまうか出てしまわないかというところがナンバーがデザインを邪魔するか邪魔しないかの大きなポイントとなっているでしょう。

ナンバーが縦に長くなったのはアメリカの影響?

先ほどのナンバープレートの歴史でナンバーブレートが縦に長くなったのは二段表示になったからとお話しましたが、ではなぜナンバーに表記することが増えた際に横に長くするのではなく二段にしたのかを考えるとそこにはアメリカの影響が垣間見えます。この記事でずっとお話している通り、ヨーロッパのナンバーはどの国も共通で横に長い形をしています。しかし、実はアメリカのナンバーは表記されている内容や表記の仕方は州によって違いますが形はどこも日本と同じような形をしているのです。よく考えてみればナンバープレートが最初に登場したのは1951年。その頃は1945年に第二次世界大戦が終戦してまだ6年しか経っていない時期で当然GHQが日本を占領していた時代です。アメリカは世界で初めてナンバープレートを取り付けた国と言われており、当然それ以前からナンバープレートはアメリカ国内で使用されていました。そうなると日本がナンバープレートを取り付けるに当たってアメリカの形を参考にするというのは自然な流れでしょう。そして今も形がアメリカと変わらないのはその頃の名残かもしれません。

これからサイズが変更されることはある?

今まではちょくちょく表記の変更があったナンバープレートですがサイズの変更はほぼありません。これからヨーロッパと同じようなナンバーサイズに変更されることはあるのでしょうか。

韓国ではすでに変更された

 

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/9e/Korean_Licenseplate_1996_to_2003_personal.jpg

日本のお隣、韓国は今でこそヨーロッパと同じサイズのナンバープレートですがヨーロッパと同じサイズになったのは割と最近です。2006年にナンバーが変更されヨーロッパと同じ形式になりました。それ以前は日本と同じようなサイズのナンバーでしたが、視認性とデザイン面で変えて欲しいとの意見が多かったため変更されることとなりました。

では日本では何もナンバープレートに関してアクションがないのかと言いますと、実は日本でも2012年に「ナンバープレートのあり方に関する懇談会」が開かれ、そこでヨーロッパのようなナンバープレートに変更するかどうか議論される機会がありました。しかし、その懇談会では現在の日本ではナンバープレートの読み取り機器や車両の改修など多くの社会システムに今の形のナンバープレートが深く浸透しているため、これを変更すると多くのコストがかかってしまい、変更に至るほどのメリットがないとしてその結論は結局見送られることとなりました。

しかし、韓国においても一時期は2つの形のナンバープレートが混在していて車の生産をするメーカーも苦労を強いられることとなりましたが、結局はヨーロッパと同じサイズに変更ができています。そうなると日本としても必ずしもできないということではないのではないでしょうか。また、これから電気自動車などヨーロッパを中心に環境規制が厳しくなっていくため、車を造る上でヨーロッパ市場を考えて車を作る機会は非常に多くなると思います。そうなった時にナンバープレートの大きさが一緒というのは日本がヨーロッパに向けて造った新しい電気自動車などを導入しやすくなる要因になるのではないでしょうか。いつの日か、表記まで一緒とはいかなくてもサイズが統一される日が来ることを願います。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら