【バチェラージャパン登場車】シーズン1で美女を乗せた憧れの車まとめ!

「バチェラー・ジャパン」という番組を知っていますか?

amazonでネットショッピングをされたことのある方はバナー等で見たことがあるのではないでしょうか。最近はTVCMで宣伝もされていますね。現在amazon.primeでシーズン3まで公開されている話題のネット番組です。1人の男性を巡って多くの女性たちが繰り広げる婚活サバイバルは毎話ハラハラさせられる内容です。

元々は本家のアメリカ版「The Bachelor」が好評を博したことから日本版が作成されたのですが、日本版も本家に勝るとも劣らない豪華演出が盛り込まれています。今回はそんなバチェラーに登場する憧れのクルマたちを紹介していきます。

 

バチェラー・ジャパンとは?

多数の女性候補者が1人のハイスペック男子を奪い合う婚活サバイバル

「Bachelor」という単語は「独身男性」を意味します。中世では「騎士」のことを指していたようで、本作に登場する勇猛な独身男性像が照らし合わされているのかもしれません。2002年に全米で公開された「The Bachelor」は世界225か国以上で放送されるほどの人気を獲得し、2017年に日本版のシーズン1が公開されました。

主な内容としては、多数の応募者から選ばれた20名の女性(シーズン1では25名)が経済力とルックスを持ち合わせた独身男性との結婚を勝ち取る為に熾烈なバトルを繰り広げるというものです。バチェラーと呼ばれる男性は各エピソードの最後に、残って欲しいと思う候補者の女性にローズを渡していきます。

しかし、もちろん全員がもらえるわけではなく、ローズをもらうことができなかった女性はその場で脱落となります。女性たちは自分らしさを伝えつつも他の候補者より印象に残らなければならず、結果として数々の駆け引きが行われるところが見どころとなっています。

 

ラグジュアリーな演出として乗り物が登場!

バチェラージャパンには恋愛リアリティ番組を盛り上げるためのたくさんの豪華な演出が用意されています。例えば、バチェラーと女性たちの初対面のシーンでは豪華なゲストハウスを貸し切ってシャンパンパーティが開かれたり、ツーショットデート(バチェラーと女性の一対一のデート)ではヘリや小型ジェットをチャーターして非日常が演出されます。中でも自動車は各回に必ずと言ってよいほど登場します。どれも街中では目にしない珍しいクルマばかりなので、これらも見ていて飽きることがありません。

 

クルマの登場シーンは?

バチェラーの登場シーン

まず各シーズンの最初に流れるバチェラーの紹介映像中に、スポーツカーで颯爽と駆け抜けるシーンがあります。また、候補者の女性たちを出迎えるべくゲストハウスにやってくるシーンですが、ここでは豪華なセダンやSUVの後部座席からバチェラーが降り立ちます。やはり社会的に成功を収めている男性だけあって、高級車が本当によく似合います。

 

女性の送迎シーン

女性たちは数人の組に別れてバチェラーとグループデートをすることが多く、その際には客室の広いリムジンタイプの車両が多く登場します。リゾート地にはそういった車をレンタルしている会社もあるようです。最終的に一人しか選ばれないとはいえ、大切なゲストである女性たちへのおもてなしの配慮として乗り心地を重視したクルマが数多く送迎車として手配されています。

 

ドライブデートシーン

そして極めつけはツーショットデートです。理想の異性と二人きりでドライブをするシチュエーションは男女問わず憧れてしまうのではないでしょうか?劇中でも、ドライブデートを経た二人は一気に距離を縮めている印象です。やはり、プライベートな空間で同じ目的地に向かって進んでいくという体験は特別ですよね!

 

シーズン1に登場するクルマ一覧

※以下、一部本編のネタバレを含みますのでご注意ください。

エピソード1 ポルシェ カイエン(バチェラー登場シーン)

ここからはシーズン1に登場するクルマたちを一気に紹介していきます。まずエピソード1ではいきなりバチェラーがポルシェで登場します。言わずと知れたドイツの高級スポーツカーメーカーですが、そのSUVタイプであるカイエンは2003年から発売されており、2シーターや2+2シーターモデルを多くラインナップする同社の中では珍しく5名も乗車ができるモデルです。昨今の高級SUVブームの先駆け的存在と言えます。1話目からそんな高級車を手配しているあたり、番組の気合いが感じられますね!

 

クライスラー リムジン(女性登場シーン)

バチェラーが会場に到着した後、総勢25名の美女がプロフィール紹介と共に次々とリムジンで会場に到着します。日常でリムジンに乗れる機会なんてほとんどないと思いますが、やはりこの時の女性たちの表情は期待半分、不安半分といった面持ちで、豪華な室内空間を楽しむ余裕はなさそうですね。選ばれるのはたったの1人ですし、増してや第一印象は非常に重要になってきますから、緊張しますよね。ここで使われていたリムジンは米国クライスラー社製で、3500ccのエンジンをフロントに搭載します。

 

エピソード4 ポルシェ ボクスター(沖縄ドライブ)

エピソード4ではガラッと場面が変わり沖縄に出発します。ゲストの旅費は自費なのか番組持ちなのかわかりませんが、いずれにしても羨ましいですね。冒頭でバチェラーがオープンタイプのポルシェ ボクスターで登場します。彼はクルマを所有していないと発言していましたし、沖縄の「れ」ナンバーであることからレンタカーなのでしょうが、そんなことは関係なしに真っ青な空と海に囲まれながらオープントップで風を受けるのは最高に気持ち良さそうですね。ですが女性とのドライブシーンがないことから、おそらくはイメージ用に撮影しただけか、都合によりカットされてしまったのでしょう。

 

エピソード7、8 フォード ボナンザ(北海道でのキャンピングカーデート)

近頃のキャンプブームの波を汲んでか、バチェラー・ジャパンでも大型キャンピングカーでのデートシーンが登場します。車種はフォード ボナンザというアメリカ車です。最大10名乗車が可能で、なんと6800ccの排気量を誇ります。北海道のような極寒の地でもこれだけしっかりした車内であれば女性も安心ですし、一度こんな車でキャンプに行ってみたいですね。そのほか北海道では白銀の雪原をスノーボービルで駆け抜けたり、露天風呂に入ったりといった大人のデートが展開されます。候補者の人数も絞られてくる中、寒い中でお互いの温もりを感じる距離のやり取りはかなり絆が深まりそうですね。

 

エピソード9 リンカーン リムジン(タイのホテル到着)

エピソード9ではついにバチェラーの希望で日本を飛び出し東南アジアリゾートへやってきます。メインのデートには登場しませんが、タイの移動の合間にリンカーン製のリムジンが登場します。こちらも4600ccもの大排気量エンジンを積んでいます。どこの国にもリゾート地にはリムジンがあることがわかりますね。この段階では女性の人数もさらに絞られてきますので、よりパートナーになることを意識した真面目なトークシーンが増えてきます。いよいよ最後の3人にまで絞られ、両親への挨拶に突入していきます。この後はクルマは登場しませんので、続きが気になる方は本編でどうぞ!!

 

バチェラーに登場する高級車にもAncarなら手が届く!?

以上、バチェラー・ジャパン シーズン1に登場する憧れのクルマまとめでした。通常であればなかなか手の届きにくいような高価なクルマの数々が登場しましたが、Ancarの提供する中古車売買サービスであれば高級輸入車もかなりお手頃に手に入れるチャンスがあります。もちろん、上記に登場したポルシェのような車種も多数掲載があります。バチェラー・ジャパンを見て、優雅なレジャーを楽しみたい、大事な人の前でかっこいい演出をしたい、と思った方はぜひ一度ご検討をオススメします。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?