外車と輸入車の違いとは?それぞれの言葉の意味を詳しく解説

外車を購入する上で、輸入車と外車の違いがわからない人もいるのではないでしょうか。

輸入というと「海外から日本に来た外車」というイメージがありますよね。

しかし、外車と輸入車の違いを詳しく知らない人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、それぞれの言葉の意味について詳しく紹介したいと思います。

それぞれの言葉の違いが分からない人は、ぜひ最後まで読んでください。

外車と輸入車のそれぞれの言葉の意味

外車と輸入車。これらは同じ意味として使われることもありますが、本来は異なります。

ここでは、それぞれの言葉の意味について詳しく紹介します。

外車とは

外車とは外国メーカーの車のこと。

メーカー名を挙げると「メルセデス・ベンツ」「BMW」「ポルシェ」「アウディ」などです。

外車=高級車といったイメージを持っている方も多いと思いますが、メーカーによって価格帯の幅広いため、手を出しやすいものもあります。

皆さんがよく言う外車とは、外国メーカーの車を指すことを覚えておきましょう。

輸入車とは一方、輸入車とは外国から輸入した車のことです。

そのため、日本のメーカーでも海外で生産して、そこから日本へ輸入したものも輸入車となります。

日本のメーカーであっても、海外の工場で作られていることは普通となっています。

なぜなら外国に工場を作ることで、その国に住む人に、すぐに車を早く安く届けられるからです。

さらには日本の技術も海外に伝えられるので、様々なメリットがあるのです。

輸入車にも種類がある

実は、輸入車にも種類があります。

ここでは、その輸入車について紹介します。

輸入車には種類がある!

輸入車には「正規輸入車」と「並行輸入車」があります。

どちらも海外から輸入したものには変わりありませんが、覚えておくと、のちほど役に立つかもしれません。

正規輸入車とは、本来のルートで輸入して販売を行うこと。

メーカーが認めた車のみ輸入・販売ができるので、車種が限られることもあります。

一方、並行輸入車は日本の正規代理店と海外の販売店が関わっていないもので、ディーラーを経由しないため、正規代理店と違い販売できる車種は限られません。

どちらも輸入車の1種であることを覚えておきましょう。

逆輸入車もある

輸入車がつく言葉で、逆輸入車もあります。

逆輸入車とは海外で販売された車が、再び日本に輸入されることです。

輸出目的で生産されたものをこちらが輸入するため、逆輸入と呼ばれます。

外車は海外のメーカー・輸入車は外国から輸入した車

外車と輸入車の違いについてのまとめです。

・海外のメーカーが日本で生産されたとしても、それは外車

・輸入車は海外から輸入されたもの

・海外で販売された車が再び日本に輸入されることは逆輸入

以上の3つを覚えておきましょう。

一部のサイトでは、外車と輸入車は同じと書かれていることもありますが、現在は使い分けられています。

もし海外の車が欲しければ外車と言うようにして、国産メーカーを海外から購入する場合は輸入車と言うようにしましょう。

調べる際にも外車と輸入車の意味を頭に入れておけば、スムーズに検索できるでしょう。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?