中国で日本車が人気?日本車が中国で好まれる理由と中国市場のこれから

中国の古都の中央にある鐘楼のを通る自動車の風景

ご存知の方も多いと思いますが、日本車は世界中で非常に人気です。現在は、アメリカや東南アジアだけでなく、中国市場でも人気を集めています。中国について、政治的な影響もあり、「日本メーカーは中国では人気がない」と考える方は少なくないでしょう。メディアの影響により、「反日だから日本車は中国で売れてない」と考える人もいるかもしれません。しかし実際、日本車は中国市場で販売台数を伸ばしています。中国市場での日本車のシェアは上昇しています。ではなぜ中国で日本車が人気なのでしょうか?

そこで今回は、日本車が中国で人気な理由、中国市場の状況についてお伝えしていきます。

日本車が中国で好調

中国で日系ブランドのシェアは18%!日産のシルフィが1位に!

中国で人気の日産シルフィ

自動車業界の市場予測を行っているマークラインズ(株)によると、中国市場において、2018年の日系ブランドの工場出荷台数が約450万台で前年比5.7%増、18%のシェアを占めているようです。民族系や独系ブランドに次ぐ順位になっていますが、民族系や米国系のブランドは減少傾向にあり、独系ブランドも日系ブランドほどの伸長率ではありませんでした。また、2018年間の新車販売台数では、日産のシルフィが1位、トヨタのカローラが5位にランクインするなど、モデル別でみても日本車が人気であるといえます。

中国市場で日本車が人気の理由

品質・信頼性

車の点検中の写真

中国市場ではたくさんのメーカーが激しい競争を繰り広げているものの、ほとんどの日系ブランドが好調です。この理由として、日本メーカーの作る自動車の「品質」と「信頼性」の高さが考えられます。中国車の品質は確かに向上しているかもしれません。しかし、合弁会社を設立して技術の向上を試みる企業が多い状況です。まだまだ自力では技術面や信頼性などの様々な面からみても発展段階といえるでしょう。そのため、中国車は品質が不安定だったり、より早い段階で修理が必要になるといわれています。それに対し、日系車は燃費性能が良いのに加えて故障率が低いです。そのため中国では、より多くの人が日系の車を求めるようになっています。

また、中国市場では2018年の新車販売台数は減少し、中古車市場が拡大しました。多くの人々は中古車を選ぶ際、故障しにくく信頼性が高い車を選びますよね。そして中古車市場が拡大していることを踏まえると、より高く売れる車を求める人も多くなっているはずです。そのため、日本車の需要が高くなっていると考えられます。

生産体制の拡大

トヨタのロゴ

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら
中国の古都の中央にある鐘楼のを通る自動車の風景