【不朽の名車】初の本格スポーツ用スバルボクサー・EJ20

前回紹介した三菱4G63のライバル的存在、スバルEJ20です。


スバルのボクサーエンジンはスポーティだったか?

今から50年前、スバル1000でデビューしたスバルのボクサーエンジン。

1リッターから始まり、最終的には1.8リッターまで発展した4気筒のEA系と、末期に高級モデル、アルシオーネ用に開発された6気筒のER系が存在した水平対向エンジンでした。

初期の日本車では軽自動車にコニー(愛知機械工業)が、コンパクトカーではトヨタが空冷水平対向2気筒エンジンを採用していましたが、その後乗用車用エンジンとしてはスバルだけが水平対向エンジンを使い、スバル車最大の特徴となっているのはご存知の通り。

では、そのボクサーエンジンがスポーティだったかと言えば、そうだったとも、そうでは無かったとも言えます。

初期のEA53(スバル1000スポーツセダン)などツインキャブレターで武装したスバルボクサーは確かに当時としてはスポーティで、FFレイアウント(フロントエンジン・前輪駆動)の高い悪路走破性を活かしてラリーなどで活躍しました。

また、1.6リッターのEA71はFJ1600と呼ばれるエントリークラスのフォーミュラカーの公式エンジンに採用され、事実上のワンメイクエンジンとして、現在でも地方のFJ1600レースで使用されています。

ただし、スバルは水平対向エンジンの軽量コンパクトというメリットを追求するあまり、OHVに固執したEA系エンジンは高回転高出力化で立ち遅れ、時代とともに他社がOHC、DOHC化した高性能エンジンを搭載する流れから完全に取り残されたのです。

そのため、1980年代に入ってようやく一部がOHC化した3代目レオーネに至って「水平対向エンジンと4WDが売りではあるが、野暮ったいクルマ」と、あまり芳しい評価を受けられなくなっていました。

起死回生を担ったEJ20

2016年現在、スバルはボクサーエンジンを生かした、左右対称レイアウトの優れた四輪駆動車(シンメトリカルAWD)というコンセプトが好評で、プレミアムブランドとして北米を中心に成功しています。

しかし、1980年代後半は前述のように小型セダンのレオーネとコンパクトカーのジャスティ、軽自動車のレックスとサンバーがそれぞれ「通好み」、悪く言えばマニアックなクルマとしてコアな人気を保ち、4WDが必要の無い地域ではマイナーそのものだったのです。

そのような状況でしたから、レオーネの上級モデルとして2.7リッター水平対向6気筒エンジンを搭載したアルシオーネなどは、明らかに場違いそのもの。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら