【フォードVSフェラーリ】1966年のル・マン24時間耐久レースでは何が起こったのか

2020年の年明けにフォードVSフェラーリという映画が公開される予定です。筆者はこの映画がとても楽しみな映画の一つです。車を題材とした映画はあまり公開されることがなく、有名な車を題材としているワイルドスピードはもはや車の関係ないアクション映画の路線に変更してしまっており初期のようなストリートレースは拝めません。ピクサーの手がけているカーズが好きで毎回見ていたのですがあのシリーズも終わってしまったので残念です。今回、車好きは見逃すことのできない熱い映画になるであろうフォードVSフェラーリを紹介します。きっと時代背景やどのようなことがあったのか事前に知識として知っておくことでフォードVSフェラーリが倍楽しめると思います。

フォードVSフェラーリはどんな映画?

まず、ルマンのことやフォードとフェラーリの歴史をおさらいする前に、今回取り上げるフォードVSフェラーリはどのような映画なのか紹介していきたいと思います。

フォードVSフェラーリとは

フォードVSフェラーリは1966年のルマンで起きたフォードとフェラーリの戦いを描いた映画で、以下のようなあらすじです。自動車メーカーとして絶対に負けることのできない戦いがあり、その戦いに勝つためにはスピードだけではなく膨大な資金やタフなドライバー、腕の立つエンジニアも必要です。そして、その戦いの相手は当時絶対王者と呼ばれていたル・マン24時間レースを支配するフェラーリ。今までレーシングカーを製造したことのなかったフォードはこの絶対王者フェラーリに勝つことはできるのか。フォードとフェラーリの熱い戦いが描かれる今作は必見です。

フェラーリに比べ技術的に不利なフォード

フォードは自動車業界を作り上げたとして偉大な自動車メーカーの一つですがそのラインナップの中にスポーツカーは1960年代当時まだありませんでした。そんな中モータースポーツ業界に目をつけたフォードは僅か90日という期間と限られた資金の中、妥当フェラーリを掲げ新しいスポーツカーを開発していきます。今回公開されるフォードVSフェラーリでは己の誇りをかけてフェラーリに勝負を挑むフォードの男たち2人の姿が描かれています。

ル・マン24時間耐久レースはどんなレース

フォードVSフェラーリで舞台となるル・マン24時間耐久レースはどのような歴史のあるレースなのでしょうか。

ル・マン24時間耐久レースとは

フランスのル・マン近郊で行われる自動車の耐久レースです。24時間でサーキットを何回走れるか競うレースでとても過酷なレースとなっています。ル・マン24時間耐久レースの勝利はとても名誉なもので、各自動車メーカーが最も重要なレースとして注目しています。このル・マン24時間耐久レースに挑む人にも大きなプレッシャーや疲労が襲いかかってきますが、マシンにとっても過酷なレースです。昼間だけではなく夜間も含め24時間続けて走るこのレースでは耐久レースなだけあってマシントラブルが多発しています。ル・マンには魔物が棲んでいるという格言が生まれるほどトラブルが多く、 2016年において初優勝を目指しトップを快走していたトヨタのマシンがマシントラブルのため残り3分でポルシェに逆転されたこともあります。

ル・マンにおける日本の自動車メーカーの活躍

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら